美容原液オパールは生薬の香り
美容原液オパール 『アロマテラピー』

近年よく耳にすることばですが、アロマテラピーとは日本語で芳香療法といい、植物の精油などの自然な香りを嗅ぐことで、その有効成分を身体に取り入れることをいいます。

そもそも嗅覚というのは、ダイレクトに脳に働きかける五感の中でも特殊な感覚で、大脳辺縁系という部所で古い記憶や本能行動と結びつきます。

何か匂いをきっかけに幼い頃のことを思い出すとか、お気に入りの香水で気分を落ち着かせるというのは、こうした裏付けのあることなのです。

美容原液オパールの香りも、天然の生薬のレトロな香りです。
お肌にしみ込ませるばかりでなく、香りを嗅ぐことによっても有効成分が働きかけ、安らかな心地よさに満たされるのです。