熱中症予防に「手のひらを冷やす」

環境省では熱中症予防の指針として、「摂氏35度以上を『運動は原則中止』として『特別な場合以外は運動をしてはならない。特に子どもの場合は中止すべき』と定めています。

環境省 熱中症予防情報サイト
http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt.php

そんな危険な気温35度以上の炎天下の中、連日行われるのが夏の高校野球。選手はまだ屋根とスポットクーラーのあるベンチで休息をとれますが、スタンドのブラスバンドや応援団は日陰がなく、熱中症で倒れるケースも多くなってきています。2018年の数字を見ると甲子園期間中、343人が熱中症で倒れたようです。運営側も対策は急務です。

そんな中、最近注目されているのが「手の平を冷やす」という方法。高野連も試験的に採用したところ、明らかな効果が得られたという新聞記事がありました。

これまで「大きな血管が通る首やわきの下、足のつけ根( 鼠径部そけいぶ )を冷やす」のが常識と思われていましたが、実は手のひらや足の裏、ほおを冷やすほうが、それよりも効率的だということがわかってきました。 脳や心臓に近い部分が冷やされると、脳は「体が冷えてきた。体温を上げなくては!」と判断し、深部体温が下がらないように働きかけてしまいます。身体は冷えに対して恐怖を持っているので、当然の防御反応と言えます。

 

 

手のひらにはAVA(Aeterio Venous Anastomosis、動静脈吻合[どうじょうみゃくふんごう])という、体温調節のための特別な血管があります。普段は閉じていますが、暑くなると開通して放熱し体温を下げようとします。寒いときはこの中を勢いよく血液が流れることにより、体温を上げようとします。 拡張したときの直径は毛細血管の約10倍と結構太い血管です。AVAは手のひら以外に足裏や頬(ほほ)にも多く存在します。


マッサージ世界のセラピストの間では、末端が冷えている人をとりあえずポカポカさせるためには、AVAに働きかけるといいというのは知られています。一般の方でも焚火に手のひらをかざしたり、足だけ温める足浴で全身が温まるということは、経験則としてご存知だと思います。逆に、夏の暑い日に足を水につけると、全身が冷えて涼しく感じるのも、AVAが関係しているということですね。

いろいろな温度を試した結果、15度程度に冷えたペットボトルを握るのが一番いいそうです。冷やすのだからできるだけ温度は低い方がいいだろうと、例えば保冷剤などを直に手に持つと、冷え過ぎて血管が縮小してしまい、身体は逆に体温を上げようと働いてしまうので逆効果なのだそうです。

スポーツ科学の分野では、運動前や運動中の手のひら冷却によって、パフォーマンスが上がるという研究も数多く報告されているようですし、米軍も中東の砂漠に展開する部隊が熱中症予防に採用しているようです。軍隊で使われるぐらいなので、効果は抜群だとみて間違いないでしょうね。

熱中症を発症してしまった時の対処は「大きな血管が通る首やわきの下、足のつけ根を冷やす」で変わりありません。手のひら冷却はあくまで「予防として有効」ということです。

 

カテゴリ:健康メモの記事一覧


不調スッキリ!足つぼ(足もみ)やってます

8月のお休みのご連絡です

誠に勝手ながら、8月は11(日)、14(水)、18(日)、19(月)をお休みとさせていただく予定です。
※ 都合により急遽変更となる場合があります。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

暑くなると多くの人が悩まされている症状の『立ちくらみ』。しばらく放っておけば治るから、とりあえず何もしないという人がほとんどだと思います。でも、頻繁に起こるようなら重大な病気が潜んでいる可能性もあったりします。

突発的に起きる立ちくらみ。それを防ぐためには、何よりもまず血行をよくすること。血行不良だと、自律神経の不調により脳の血液不足になって立ちくらみを招きます。
足つぼ(足もみ)は、血行不良の原因になっている老廃物を崩し血液循環をスムーズにすることで自律神経を回復。しっかりと上半身に、そして脳に血液を送れる身体にします。

 

 

立ちくらみはなぜ起きるのか?
真っ先に思い当たるのが貧血(鉄欠乏症貧血)だと思います。貧血とは、酸素の運搬役である赤血球が小さくなってしまって、全身に行き届く酸素の量が少なくなる状態をいいます。常に全身が酸素不足なのでフラフラする状態になりやすいです。この状態だと、立ち上がったり、立ち続けたりしなくても、立ちくらみは起きやすいといえます。
でも、血液検査で鉄分量が正常値、つまり貧血でなくても立ちくらみが起きるケースがあるんですよね。

 

立ちくらみには大きく3つのタイプに分けられると思います。

1.急に立ち上がったときに起きる

2.ずっと立っているときに起きる

3.脱水状態のときに起きる
※3の脱水状態については、かなり長くなるので今回は割愛させていただいて改めて触れたいと思います。

 

ところで、よく似た症状に「めまい」がありますが「立ちくらみ」と何が違うのかというと。。。

・めまい
三半規管や心臓などの気管の異常が主な原因。長期化・継続化しやすい。

・立ちくらみ
身体の器官そのものには異常が見られない。症状は一時的で、すぐに治まる事が多い。

 

めまいはある程度、予兆を感じることができることが多いと思いますが、立ちくらみは立ち上がったとき、冷房が利いた部屋から出たときなど、「前触れもなく突然襲ってくる」という印象です。

 

1.急に立ち上がったときに起きる(起立性低血圧)
座っていて、立ち上がる事によって、突然高低差が生じると、血液が一瞬下半身へ集まる事になります。本来なら、その時自律神経が下半身の血管を縮めて血液を押し上げます。立ち上がった瞬間、血圧が一時的に上がれば、上半身(脳)の血液も確保され立ちくらみも起きません。

ところが、自律神経の反応が鈍いと、立ち上がる時に血管を縮める事が出来ません。そのため血液がしばらく下半身に集まったままで、上半身が血液不足になり、立ちくらみが発生します。

また、お風呂上がりの立ちくらみにも、この自律神経が深く関わっています。湯船に入っている間、水圧に圧されて体内では血管が縮んでいる状態。ところが湯船を出ることによって、その水圧が瞬時になくなると血管が一気に拡がります。急激な圧力の変化に自律神経がついていけず、血液が下半身に溜まって立ちくらみが起こりやすくなるというわけです。
冷暖房が効いた環境から外へ出たときの立ちくらみも同じです。冷やされて収縮した血管が、暑さで急激に拡張します。
自律神経の機能低下で下半身の血管を縮めて血液を上半身に送ることができず、その結果脳が血液不足になって起きるわけです。

 

2.ずっと立っているときに起きる
立ち続けていると、重力の法則により、自然と下半身に血液が集まります。その集まった血液を上へ上へと押し上げているものがあります。主にふくらはぎの筋肉です。本来なら、脚の筋肉がポンプのように働いて、血液を上に押し上げるのです。脚は第二の心臓と呼ばれる所以ですね。

ですが、その働きが弱いと血液は押し上げられず、下半身に溜まってしまいます。すると上半身は血液不足に陥り、立ちくらみが発生するというメカニズム。

この立ち続け型立ちくらみは、夏場に起きやすい。暑さを感じると、熱を効率良く発散するために、血液を身体の外側に多く流す様に調節します。この状態を「放熱」といいます。
その時、身体の内部では、身体の表面に血液を奪われた分、筋肉内部の血液が減少。その結果、筋肉はエネルギー不足になっって働きにくくなってしまうんです。

立ち続け型立ちくらみの原因は筋肉ポンプのパワー不足で、上半身に血液が圧し上げられないこと。さらに夏場は、血液が身体の表面に奪われて筋肉ポンプがさらにパワーダウンします。

 

そして、一番危険な立ちくらみの原因が、脱水。脱水による立ちくらみは、脳へ深刻なダメージを与えるのですが、これは長くなるので、また改めてということにさせていただきます。

立ち上がり型と立ち続け型の立ちくらみを克服するためには「筋肉」と「血管」をしっかり機能させ、上半身に血液を送られるようにすることが大切です。
そして足つぼ(足もみ)も大きな助けになります。血行不良の原因になっている老廃物を崩し血液循環をスムーズにすることで自律神経を回復。しっかりと上半身に、そして脳に血液を送れる身体にすることができます。

カテゴリ:足つぼ(東洋医学)の記事一覧


不調スッキリ!足つぼ(足もみ)やってます