「むくみ」その2 むくみの始まり

過剰な水分をトイレで体外へ捨てることができれば、何の問題もないのですが、それができず、体内に残り続けて重力の影響で下半身にたまることで、ふくらはぎから下がパンパンに。
そして、そのたまった水分が、就寝時には横になるため上半身、そして顔に移動します。その結果、朝起きたときには顔がパンパンに膨れた状態に。活動を始めると重力で下半身に水分が移動するため、普通3時間ほどで顔のむくみがひき、再び脚が太くなる。 これらが一般的に「むくみ」といわれるものですね。

この写真だとわかりにくいかもしれませんが、すねのところを指で押すと凹みがはっきりとでき、なかなか戻らない。これも典型的なむくみですね。

体内の水分変化が見た目に判るむくみ。むくみは、立ち仕事や座り仕事など、身体を動かすことが少なく、血行不良を起こしている方に多くいです。また胎児が腎臓や膀胱を圧迫して、排尿がうまくできない妊婦さんもむくみやすいです。

また、むくみは見た目の変化だけでなく、夜間頻尿の原因にもなります。日中、下半身に溜まった水分が、横になると腎臓・膀胱に流れ込むことで尿意を起こし、眠りを邪魔します。眠れないと当然翌日の活動にも影響します。

むくみの起きる場所は、毛細血管が集まる皮下。ここでは常に細胞の栄養供給や老廃物運搬が行われています。そのとき、血管と細胞の間で橋渡しする役目の水分(細胞間液)が、一時的に増えるのがむくみです。

増えた水分を体外へ捨てるのは腎臓の役目です。水分の排泄を司る腎臓は、大きなトラブルがなくても、腎臓に流れ込む血液量が少し低下しただけで、機能が大きく落ちてしまします。立ちっぱなし、座りっぱなしだと血行不良が起きます。血行不良が起きると腎臓の働きは落ち、腎臓の機能が落ちると膀胱へ送られる尿の量が減少。水分を排泄できない状態に陥ります。

さらに、溜まった過剰な水分そのものが、血管を圧迫したり身体を冷やすことで血液循環を悪化させます。むくんだ足を触るとひんやりしますよね。始まりは立ちっぱなし、座りっぱなしで動かないことから始まり・・・

動かない
 ↓
血液循環悪化
 ↓
腎臓機能が低下して尿量も低下
 ↓
水分過剰=むくむ
 ↓
過剰な水分が身体を冷やす
 ↓
冷えると血液循環悪化
 ↓
さらに循環機能が低下
 ↓
腎臓機能が低下して尿量も低下
 ↓
 ・
 ・
 ・

 

始まりが「動かないこと」なので、解決法はとにかく動くことです。でも、動くことができたら、そもそもむくみで悩むことはないですよね。運動する時間がない人は、しっかり入浴するとか、マッサージで血行を促して改善を図ることが重要です。

ところで、むくみにはリンパマッサージというイメージがあると思いますが、プロのリンパマッサージセラピストでも、、対処できるのは、ある程度正常範囲のむくみ。パンパンに膨らんで、痛さやだるさを伴うなどのむくみに対しては無力です。一時的に細くすることは可能ですが、むくみ体質を変えるまでは期待できません。それに、リンパも最終的に右鎖骨部分の静脈に合流します。合流先の血流が悪いと、渋滞のためリンパはうまく流れてくれません。

さらに、合流後に流れる腎臓の働きが落ちているので、結局はまたむくみに戻ります。腎臓の働きを良くするためには、腎臓自体に充分な血流が必要になります。

むくみを解消しようと思ったら、結局は血液循環をよくするというところへ行き着きます。 足つぼ(足もみ)も有効ですね!血行不良を起こしやすい足裏の老廃物を除去することで、血液循環を回復してあげれば、過剰な水分の回収から腎臓の働きもよくすることができ、実際に、むくみ解消した事例は非常に多いです。

 

カテゴリ:足つぼ(東洋医学)の記事一覧

 


不調スッキリ!足つぼ(足もみ)やってます

10月のお休みのご連絡です

誠に勝手ながら、 10月4(日)、13(火)、18(日)、29(木)をお休みとさせていただく予定です。

※ 都合により急遽変更となる場合があります。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

9月21日は世界アルツハイマーデーらしいです。その日に合わせて、毎年姫路城が認知症啓発のイメージカラーであるオレンジ色にライトアップされます。(9月21日~26日の6日間)

 

いま認知症を患う人が急増しています。確認されているだけでも2002年に150万人、2012年には462万人、そして2020年現在は602万人という増え方です。2012年時点で「2025年には認知症患者は800万人を超える」と予想されていましたが、その予想をはるかに上回るペースで増えているので、もしかしたら1000万人を超えるかもしれないとの見方もあります。

2025年の65歳以上人口が約3677万人(2020年9月時点で3617万人)と推計されているので、3人に1人が65歳以上の高齢者、そのさらに3人に1人が認知症という社会になっているかもしれません。

ちなみに2020年6月時点の姫路市の人口は52万人で、65歳以上は14万2千人、75歳以上は7万2千人なので、認知症を患っている人の数も相当なものになっていると思われます。
町別人口・年齢別人口-令和2年(2020年)6月末-姫路市
https://www.city.himeji.lg.jp/shisei/0000013198.html

 

こうなってくると問題になっているのが、認知症患者を受け入れる施設。特別養護老人ホーム、老人保健施設、グループホーム、精神科病院といった施設がありますが、こういった施設は現状でも定員がいっぱいで、なかなか受け入れが進んでいないのが実情です。
そのため厚生労働省の認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)には「住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続ける」ことを基本においています。具体的には在宅介護を勧めています。国の制度や施設では限界がでてきているので、社会全体で認知症患者をはじめ高齢者を支えていきましょうという方針です。つまり、自分たちでなんとかしてくださいねということです。

 

姫路城三の丸では、スマホやデジカメ、中には大きな一眼レフカメラを三脚にセットして撮影されている人がちらほらといった感じでした。どれだけの人がこの色の意味を理解されているのかはわかりませんが、少しでも認知症啓発に繋がればと思います。このオレンジは老いるということから目を背けず、どこで誰を頼りにして生きていくのか、それを考えるきっかけにして欲しいという色なんだろうと思います。

 

カテゴリ:姫路の街の記事一覧

 


不調スッキリ!足つぼ(足もみ)やってます