海の肉!実はすごい海苔のパワー

日本食が世界遺産になった大きな要因のひとつが「だし」
だしには旨み成分が濃縮されて、食材の味を引き立てます。

昆布に含まれるグルタミン酸
鰹節に含まれるイノシン酸
主に椎茸のダシ汁に含まれるグァニル酸

3つの旨み成分をそれぞれの食材からとりますよね。

実は海苔にはこの3つがすべてそろっているというのです。 さらに、3つすべてそろっている天然食品は、海苔以外にまだ見つかっていないみたいです。なるほど、海苔が私たちの主食であるご飯と好相性なのもうなづけますね。

それだけではありません。海苔は食用海藻の中で最も栄養的に恵まれた食品。 特に、タンパク質の含有量から「海の肉」と呼ばれていて、「畑の肉」と言われる大豆に優るとも劣りません。 しかも、海苔のタンパク質は、非常に良質で消化吸収も良く、動物実験の結果では、米のタンパク質より優れており、 馬肉タンパクに匹敵するとの報告もされています。

海苔には食物繊維がわかめの10倍、 たんぱく質が昆布の5倍、 焼きのり1枚でカルシウムがいわしの煮干し1匹分入っている というからスゴイ。

さらにさらに、女性に大切な葉酸が含まれています。葉酸は細胞分裂に欠かせないビタミンで、 細胞分裂を正常にすることでお肌のつやを改善します。 健康面では、動脈硬化の原因になる物質を害が無いものにする働きが確かめられています。

また、葉酸は妊婦さんにとって、非常に重要な栄養素 胎児の正常な発達にとって大事な成分で、女性が妊娠中に摂取する葉酸が不足してしまうと胎児の神経系の発達に障害が発生することが最近の研究結果でわかってきたのです。オーストラリアをはじめ世界60カ国では妊婦の葉酸摂取が法で義務付けられているらしいです。

こんな重要な栄養素を、日本では海苔数枚で手軽に摂取できるのですからうれしいですね。ただし、注意点もあります。海苔にはヨウ素も含まれているので、甲状腺になんらかの疾患がある方は、念のため、お医者さんと相談した上で食べる方がいいと思います。


カテゴリ:食と健康の記事一覧

7月のお休みのご連絡です

誠に勝手ながら、 7月8(水)、12(日)、19(日)をお休みとさせていただく予定です。

※ 都合により急遽変更となる場合があります。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

緊急事態宣言期間の2か月ほど、生活必需品の買い物以外は外出せず、ずっと自宅で生活し、テレワークで仕事も自宅で続ける。動かない生活に慣れてしまうと、精神的にも肉体的にも疲れやすい体質になってしまっていると思います。解除されてもしばらくは自粛モードは続きます。

特に自宅でのテレワークは、仕事のオンオフの切り替えが難しくなって脳疲労をためやすく不眠になったり、睡眠の質が低下しがち。自律神経は勝手に動くものなので、自分の意志でコントロールすることはできません。自律神経を根本的に回復させるためには睡眠しかないのですが、自律神経が乱れると不眠になって、不眠になるから自律神経がさらに乱れるという悪循環。この悪循環が続くと、いわゆる「うつ病」に発展するので、早期になんとかしないといけません。

ちなみにですが、「新型コロナうつ」「コロナぼけ」「アフターコロナ症候群」といった新しい名前もできてしまっているようで、厚生労働省の発表によると、全国の精神保健福祉センターに寄せられた新型コロナに関する心の相談は、4月は4946件だったそうです。

新型コロナウイルス感染症にかかる心の健康相談に関する精神保健福祉センターの対応状況
https://www.mhlw.go.jp/content/000634930.pdf

疲労回復や自律神経の乱れを解消するのに最適なのが、足つぼ(足もみ)!足裏の老廃物を揉みつぶすことで全身の血行が良くなると、疲労も回復しやすくなりますし、なにより眠れるようになりますし睡眠の質も上がります。そうなると自律神経の乱れも落ち着いてきます。が、毎日足裏の老廃物をセルフケアするのは大変ですよね。

そこでおすすめなのが、毎日のお風呂で行う温冷交代浴。言葉は難しいですが、やり方は簡単。熱いお湯で身体を温めて冷たい水で身体を冷やすを交互に行うだけ。これで自律神経を「ととのえる」のです。


身体を湯船に浸かって温める(2~3分)

シャワーで身体を冷やす(1~2分)

再び湯船に浸かって体を温める




これを3~7セット。セット数は好みでいいと思いますが、これくらいの回数をこなすと明らかに身体の変化を実感できると思います。本来は銭湯などでサウナまたは熱い湯船と、冷たい水風呂に交互浸かってを繰り返すのですが、家庭では基本湯船は一つなので難しい。でも、冷やすのはシャワーで充分です。サウナの場合は蒸気で温めるので時間がかかりますが、湯船に浸かると短時間で効果を得られます。

注意点はシャワーで身体を冷やすとき、いきなり全身に水を浴びるのではなく、1セット目は手首と足首だけとか、無理のない範囲から行うことです。末端を冷やすだけでも効果は得られます。
また、心臓疾患、高血圧、動脈硬化を患っている方は、お医者さんに相談の上、行ってください。

最後は温めて終えるのか、冷やして終えるのか。これもいろいろな意見がありますが、結論はどちらでもいいと思います。
もともとはリハビリ目的で考えられた入浴法なので、温かいお風呂で始まって、温かいお風呂で終わるのが良いとされています。一方、サウナ好きの方は「最後は水風呂で締める!」派が圧倒的に多いと思いますし、「ととのう」と呼ばれるリラックス状態は、最後に冷やす方が得やすいと感じる人が多いようです。
それぞれに理にかなった理屈があるので、どちらかは好みでいいと思います。

 

この交代浴、今ではスポーツの世界でも取り入れられつつあるようです。スポーツ活動によって起きる身体の疲労を、素早く回復できる方法として期待できるとして活用されています。2018年の平昌オリンピック・パラリンピックにも、わざわざ浴槽を持ち込んで選手のサポートに利用されました。



2018年平昌オリンピック・パラリンピック冬季競技大会の概要
https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/shingi/001_index/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2018/04/16/1403150_003.pdf

国際総合競技大会における医・科学サポート拠点の設置
https://www.jpnsport.go.jp/jiss/Portals/0/info/doc/SSEAS/SSEAS_113-116.pdf

なぜ交代浴で自律神経が整うのか、疲労が回復するのかというメカニズムは、まだはっきりわかっていないみたいです。
医師で入浴研究の第一人者の早坂信哉東京都市大学教授によると、「血管の拡張と収縮を繰り返すことで、血管自体がポンプの役割を果たして、血流が促進されるのではないか」ということです。なので、ただ温かいお湯に浸かっているよりも血行がよくなり疲労回復効果も高くなるのではという見立てです。

また、福岡教育大学保健体育ユニットの片平誠人教授も「温めると血管は拡張します。逆に冷やせば縮小します。それを交互に繰り返すことで、血管の弾力性や柔軟性が改善できるのではないか」ということです。それが「疲労回復に貢献しているのではないか」と考えているようです。

どうやら血管の拡張と収縮が関係してそうな感じですが、やはり血の巡りというところにいくつくのだと思います。科学的根拠はそのうち解明されると思います。
私たちが必要なのは理屈よりも安全に効果が得られるかどうかです。交互浴をすると、本当に深く寝られますよ。繰り返しになりますが、疲労や自律神経は睡眠でしか回復しません。なので睡眠の質が高まる温冷交代浴はおススメです。
毎日の交代浴に、たまには足つぼ(足もみ)をプラスすれば完璧です!

 

カテゴリ:健康メモの記事一覧


不調スッキリ!足つぼ(足もみ)やってます