夏の汗は肌トラブルのもと
夏の肌トラブル!身近な原因にも要注意!  
 

さて、夏になるとどうしても汗をかきますよね。
「化粧は崩れるし、べたべたして不快だわ」と感じる方は多いはず。
でも汗にはとても重要な役割があるんです。

まず、私たちは汗をかくことで体温の調節を行っていますが、汗にはそれ以外にも、皮膚に適度な水分を補ったり、皮脂と混ざり合うことで皮脂膜をつくり、水分の蒸発を防いだり、細菌の繁殖を防ぐはたらきがあります。

ところが大量に汗をかくと、皮脂膜の生成を妨げ細菌が繁殖しやすい状態を作ってお肌に傷がつきやすく、またバリヤ機能も低下させる原因となります。

Illust

また、汗をかいた後には、お肌の水分が汗と一緒に蒸発してしまい、
天然保湿成分(NMF)も奪われてしまいます。
そのため、水分と皮脂のバランスが崩れて、
お肌の表面はベタベタしているのに乾燥した状態になってしまいます。
このうえ冷房のきいた室内に長くいることが多くなると、
お肌の乾燥はどんどん進んでしまうのです。

これからの時期、汗をかいたら、まず優しくこまめにふき取ること。
ハンカチなどでごしごしこすらないよう注意してください。
そして、化粧水をたっぷり使ったり、コットンパックなどもこまめにおこなって、
常にうるおいを補給するよう心がけてくださいね。

水分補給にはジネンミストがベストです!



 

カテゴリ:お手入れ