目から日焼け?


目から入った紫外線の刺激からも、日焼けの原因であるメラニン色素が作られてしまうということ、ご存じですか?
日焼け止めをしっかり塗ったのに焼けてしまったという経験はないですか?皮膚と同様、いやひょっとするとそれ以上に重要な紫外線対策ポイントかもしれません。

肌色が濃くなるのは、日差しに対する防護策としてメラニン色素がどんどん生成されるために起こる現象です。そしてそれは、肌が直接陽に当たっている事の他に、目からもその情報が入ってきているんです。
目に紫外線がタップリ当たっていると、脳はカラダに対して紫外線を防ぐ命令を出します。
すると、メラニン色素の生成が増えてお肌の色が黒くなってしまうという仕組み。

なので、屋外に出かける際にUVカットレンズのサングラスをして出かければ、目が紫外線を受けている情報が脳に伝わらないので、必要以上のメラニンが作られなくてすむことになるんです。
そういうわけで、紫外線に対する目の保護は白内障の予防になるだけでなく美白にも効果的なんですよ。


ただし、サングラスといわれるものの中には、実は色がついているだけというものもあります。これでは瞳孔が大きく開くので、逆に紫外線を吸収してしまうので注意です。2000円以下のものは避けたほうが無難なようです。

せっかく塗った日焼け止めクリームを効果的にするため、あわせてサングラスも毎日の習慣にぜひ。

ところで、2013年1月から日焼け止め製品のUVA防止効果が、今までの3段階(PA+++)から4段階(PA++++)表示に変わりました。新聞、雑誌、テレビなどでも大きく取り上げられて、いろんな日焼け防止グッズも紹介されていますね。
なので、例年以上に日焼け対策に関心をもたれている方が増えているといった印象です。
ですが、お肌への負担も考えて日焼け止めを選んでいただきたいです。

リスブランのUVプロテクトジェルは、SPF50 PA++++という国内最高水準の保護力なのにクレンジング不要なんです。
ウォーターベースでサラッと軽いタッチ!膚にのると密着ウォータープルーフに変化する、今までにない転相型ジェルクリームです。スッと伸びてピタっと密着するのに、落とすときは簡単にするんとOFF! さすが水やオイルにこだわりがあるメーカーです。



もちろん、高い保護力を追求しただけではありません。リスブランが出す製品なので、当然膚への影響をしっかり考えてあります。
光老化ケア成分や紫外線ダメージケア成分配合で肌の弾力、シワ、シミも同時にケアできるんですよ。守るだけでなく積極的にアンチエイジング。エイジングケアUVという新発想の日焼け止めです。

関連記事
肌のシワや老化に大きく影響する「紫外線」のはなし

 
カテゴリ:紫外線の記事一覧