手荒れと肝臓とリスブラン
手あれの原因はさまざまです。洗剤や薬剤、摩擦など家事や手先の仕事によるもの、アレルギーや体質による乾燥肌、紫外線や気温などの外的な刺激などなど。
またストレスやホルモンバランスの乱れが手あれを悪化させることもあります。



手荒れにはどうすればいいのかというと・・・






皮膚表面の角質層の細胞は保湿成分によって埋められていて、皮膚を外部からの刺激から守っています。
でも、上のイラストのように乾燥して荒れた肌だと、外部からの刺激を受け、保湿成分がどんどん流出してしまい手あれがひどくなっていきます。 そのため手荒れには失った保湿成分の補充が必要なんです。
手の保湿成分の補充にはハンドクリーム!
特にリスブランのハンドクリームをオススメします!


「所詮、ハンドクリームなんてどれも同じでしょ?」と思っていたら大間違い! ヾ(≧∇≦)ゞ
このハンドクリームのすごいところは、リスブラン独自開発のPWS(赤ちゃんがなれ親しんだ羊水の組成と同じ)という水が使われ肌が本来の機能を保ったまま、修復していきます。分子が非常に小さいので、す~~っとなじんでいくのです。手荒れを起こしているとき、一般的なクリームは手から蒸発する水分と一緒に飛んでいってしまいますが、これは内部に留まり続けます。 水分の流出を抑えつつ、補充を行います。


そして、なにより口に入れても全く無害。 なんと、食品と同じ基準の製品検査でも通過できるハンドクリームなんです。非常に安全性が高く、お口に入っても大丈夫な原料のみでつくられているんですね。だから体への負担も極めて少ないのです。 クリーム自体で手荒れをそれ以上悪化させることはありません。


これまではあれこれハンドクリームを試してみては、何とかそれ以上ひどくならないように現状維持しておくのが精一杯だったという方!ぜひお試しください!




 



ところで、手荒れや主婦湿疹って洗剤が一番の原因ということになっていますが、肝臓も手あれに関係してたりします化学製品は皮膚からも体の中に入ってきます。血管を通って肝臓に運ばれ無毒化され排出するという流れになるのですが、肝機能が落ちていると無毒化しきれずに皮膚に出てきて手あれになることも。



私自身も3年ほど前、テレビの影響を受けて、老化防止のため毛細血管を強くしようとシナモンをせっせと摂取していました。が、中国産ではなくベトナム産のシナモンを知らずに大量摂取してしまったため、摂取し始めてから半年くらいたって、手のひら全体の皮がめくれ、パリパリに固くなるという酷い手荒れに悩まされたことがありました。
初めは何が原因かわからなかったのですが、ベトナム産のシナモンには肝障害を引き起こすクマリンが大量に含まれていたんですね。
※老化と毛細血管とシナモンの関係については改めて記事にします。




秋になると肝臓にも夏の疲れが出てきます。季節の変わり目になると手あれができるという方は肝臓も疑ってみてください。塗り薬をいくら使っても一時しのぎで根本的に解決しませんよ。むしろ症状を悪化させかねません。塗り薬は化学物質です。 化学物質は肝臓に負担をかけます。依存症にならないように、どうしてもというとき以外は使わないようにしたほうがいいと思います。



関連記事
肝臓の疲れにご注意を!



 
 
カテゴリ:リスブランの記事
  


不調すっきり!足つぼ(足もみ)やってます