「頼るな化粧品!顔を洗うのをおやめなさい」?
関西のお昼の情報番組「ちちんぷいぷい」火曜日ゲストの佐伯チズさん。
毎回美肌情報の紹介があるので楽しみにしています。


その佐伯チズさんの

『佐伯チズの頼るな化粧品!?顔を洗うのをおやめなさい!』

という著書を読んでみました。


佐伯チズの頼るな化粧品!顔を洗うのをおやめなさい! (講談社の実用BOOK)
 

「頼るな化粧品!」と刺激的なタイトルですね。
たしかに化粧品の中には、かえって肌に負担をかけてしまうものも少なくありません。
そういう「危ない化粧品」の害は軽く触れていますが、
化粧品自体を批判的に論じるのではなく、

「化粧品だけで肌を美しくしようとしないように」
「けてお手入れはたっぷり時間を掛けて」
「手のひらづかいできれいになれますよ」
「ダブル洗顔のしすぎは害でしかありません」
    

という内容でした。
 

最後のほうは自身の在籍していたクリスチャン・ディオールの宣伝話?になっているような。

 

 

・・・って、題名と内容違う!(^^;)

化粧品の効能を踏まえたうえで述べられる肌へのアドバイスは説得力がありますし、
アンチエイジングに関心のある方にはいい本だと思います。
ただ、タイトルが強烈なので矛盾を感じながら読まないといけない本でした。




「ダブル洗顔のしすぎは害でしかありません」は、まぁ確かにそうですね。
以前の記事「洗顔のしすぎがニキビをつくる」でも触れましたが
肌の常在菌のバランスがくずれますから。
『顔を洗うのはおやめなさい』の前に
神経質にという言葉を付け加えておいて欲しいですね。







ちなみにフランスをはじめ外国メーカーの化粧品は、ほとんどの日本人には強すぎです。
日本人の肌は、白人より薄いので、フランス人のマネなんてしてたら、刺激が強すぎます。
やはり日本人には国産メーカーがいいと思います。




関連記事
「洗顔のしすぎがニキビをつくる」
//www.mifune-cosme.biz/archives/2013/08/post-40.html