現代人は化学物質漬け
カラダにたまる老廃物のひとつに化学物質があります。
カラダの中に入った化学物質は肝臓で無毒化されますが、
量が多すぎて処理しきれなくなったものは
重力の関係で足にたまっていきます


お薬はもちろん化学物質です。
お薬は摂らないという方も毎日の食事で摂取しています。
調味料も化学物質がふんだんに使われています。

昔ながらの食事を心がけているから
私は大丈夫という方も、
知らないうちにカラダの中に入っているんですよ。




例えばたくあん。


昔ながらのたくあんは、
大根を干して、しんなりさせて、
ぬかと塩で漬け込みます。
漬け込んでいる間に発酵して、
おいしいたくあんが出来上がります。

ところが、この「本物」のたくあんは
手間と時間をかけているのにもかかわらず売れません。
理由は・・・色が悪い、均一はなくムラができる。
発酵させているので臭い、値段が高いなどなど。。。。




一方、世に出回っているたくあんは
色は均一で鮮やかだけど薄いから自然な色合いでおいしそうに見えます。
臭いもないですよね。
こういうたくあんは、どういうふうに作られているかというと・・・

しんなりさせるために薬品で作られた水飴の中につける。
水飴につけることで強引にしなびさせると同時に甘味をつけるんですね。
大根の質が悪くても漂白して後で色を染めればいいということになります。
色を染めるために黄色4号という着色料が登場します。
着色料がよく染み込むようにボリリン酸ナトリウムという薬品が使われることもあるようです。
におい消しに酢酸ナトリウム
表面のつやだしのために増粘多糖類
透明感を出すためにソルビットという薬品が使われます。


まとめると

[無添加品の自然たくあん]
・干し大根
・米ぬか
・食塩
・アジ干物
・昆布
・砂糖



[市販品の添加物たくあん]
・大根
・食塩
・ふすま(ひいた小麦粉の皮くず)
・グルタミン酸ナトリウム
・グリシン・乳酸
・ポリリン酸ナトリウム
・ブドウ糖果糖液糖
・サッカリンナトリウム
・酢酸ナトリウム
・ステビア
・グアーガム
・ミョウバン
・ソルビン酸カリウム
・黄色4号
・黄色5号
・赤色3号



たくあんひとつにコレだけの薬品が使われているのですから、
普段口にしている食べ物にはどれだけの化学物質が含まれていることか。

一つひとつの薬品の害も無視できませんが、
それがどれだけカラダに(足に)溜まっているのか
・・・怖いですね。。。

 
 
カテゴリ:食と健康の記事一覧