カロリーゼロなら太らない?人工甘味料の怖さ
カロリーゼロを謳っている食品や飲料の多くは人工甘味料を使用しています。
ダイエットは口に入れるカロリーと運動などで消費するカロリーの足し算と引き算ですから、カロリーがゼロというのは魅力的に映りますよね。



おもな人工甘味料の種類をざっと調べてみると、
・サッカリン、サッカリンナトリウム
・アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース
・糖アルコール(ソルビトール、エリスリトール、キシリトールなど)
・ステビア

など がありますね。


人工甘味料の代表格は、なんといってもアスパルテームです。
数ある人工甘味料の中でも断トツに普及しています。日本でもダイエット飲料・チューイングガムなど多くの品目に使用されています。なかでも、ガムにいたっては、アスパルテームの入っていないものはないといっていいほどです。



アスパルテームの甘味は砂糖の200倍と言われています。
なので少量であっても糖分を大量摂取したと脳が錯覚を起こし、すい臓に大量のインスリンを分泌させてしまいます。
インスリンが大量に分泌されると、脂肪として蓄えられる仕組みが人間の身体にはあるのですね。その仕組みが発動してしまうと、当然太ります。

さらに、料理やお菓子など、何かいっしょに食べたとすると、それらに含まれる糖分さえも必要以上に吸収するようになってしまいます。ダイエット効果はまったく期待できないどころか、むしろ逆効果。かえって肥満を促進させてしまいます。
それでは何のためわざわざカロリーゼロを選んだのかわかりません。

人工甘味料は数字上はカロリーゼロだからと安心していても、身体はしっかり「甘いもの」として認識&対処してしまうのですね。根本的なところでは、カロリーゼロという表示も「規定以下のカロリーだからゼロ表記認められている」だけで、まったくカロリーがないわけではないようです。


ところで、アスパルテームの毒性については、各機関から多くの論文が出ていますし、ネットで検索してみると、多くの人がアスパルテームの毒性について指摘しています。
ただ、ちゃんとした研究結果が明らかにされておらず、
現時点では人間にとって安全なのか危険なのかわからない、「グレーな物質」というのが実情のようです。


そもそも「甘い=美味しい」と感じる理由は、
糖分が生体にとって重要なエネルギー源であるからであり、「甘いのにエネルギーにならない」と言う人工甘味料は、非常に不自然な物質であり、不自然な物質は、解毒作用を担っている肝臓にかなりの負担をかけてしまいます。
当然、腎臓へも悪影響を及ぼすだろうということは簡単に理解できると思います。

とにかく、なんとなくダイエットによさそうだからと、安易に人工甘味料をむやみにとるという食生活は避けるべきというのは間違いなさそうです。

 
 
カテゴリ
食と健康
ダイエット
  


不調すっきり!足つぼ(足もみ)やってます