いま話題のエクオール、美容・健康・老化予防に欠かせない成分
大豆に含まれる「大豆イソフラボン」というポリフェノールが、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることは、すでにご存知の方も多いと思います。
豆腐や豆乳などを作る従業員の方手肌がすべすべなのは有名です。大豆に含まれる「大豆イソフラボン」というポリフェノールの効果なんですね。女性ホルモンには肌の水分を保ちコラーゲンを作る働きがあります。大豆イソフラボンはこの女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするので肌のシワやくすみ、ムダ毛が抑制されるといわれています。
この効果が注目され10年ほど前に豆乳ローションも流行りましたね。





最近、研究が進み大豆イソフラボンのエクオールという成分が関係していることがわかってきました。
正確には大豆イソフラボンに含まれる成分「ダイゼイン」と腸内の乳酸菌によって産生される成分がエクオール。
このエクオールは女性ホルモンと組成が極めて似ているので、ホルモンバランスの乱れを原因とするさまざまな不調の改善に効果があるとされています。
更年期障害(のぼせ・倦怠感・不眠)も女性ホルモンの減少が原因なので、更年期障害の症状の緩和・軽減が期待できます。

そのほか、乳がん前立腺がんの回避、要介護死亡リスクの低下更年期以降のメタボのリスク低下骨密度の低下の減少骨粗しょう症改善メタボリスク軽減などにも効果があると見られています。
女性ホルモンを補うだけえなく、過剰に分泌されている場合は抑制する効果もあるようです。
また、研究段階ではありますが男性ホルモンの過剰分泌も抑える効果があるのではないかとみられていて、男性の薄毛対策への期待も高まっています。
もう、いいこと尽くめです。

食生活が欧米化やストレスの多い生活が影響して、女性ホルモンが正常に分泌されにくくなっている現代。いつまでも美しく若々しくいたい女性にとって、心もカラダも安定に導くために欠かせない成分といえますね。






ところが、残念ながらすべての人がエクオールの恩恵を得られるわけではないこともわかっています。いくつかの研究から、日本人は約50%の人しか体内でエクオールを作れません。(ちなみに、欧米人は約30%)
年代別に見ると、若い世代ほど作れない割合は上がっているようです。
関東と関西でみると、関西人がエクオールを作り出す割合は関東より20%近く低いという調査もありますね。
つまりは、大豆食品を食べる習慣のあるかないかが関係していると見られています。
作れない人は大豆イソフラボンをせっせと摂取していても効果を実感できないということになります。

エクオールが作れるかどうかは簡単な検査キットで調べられるようなので、関心のある方は調べてみてはいかがでしょうか。
楽天さんやamazonさんで「エクオール検査」で検索してみると4000円程度で販売されています。
約10日ほどで結果が返ってくるとのことです。






 
カテゴリ:健康メモ