初夏のスキンケアと紫外線対策
初夏の季節を迎え、街を歩く人通りも衣服が長袖から半袖に変わりつつあります。
そんな季節、汗や日差しが気になり始めてはいませんか?



私たちの体は夏の過酷な環境を乗り切るため、様々な対応をしていきます。気温の上昇に対し、汗による体温調節をしたり、強い日差しから肌を守るために角質を厚くしたり、メラノサイトを活発に働かせて黒いメラニンのカーテンを作ったり・・・。

ですが今の季節はまだ準備が間に合っていません。
降り注いでくる紫外線がダイレクトにお肌に入っていきます
紫外線が肌内部に侵入すると、活性酸素という悪玉の酸素ができやすくなり、肌の中は微弱な炎症や刺激でいっぱいになります。


そこで、スキンケアは化粧崩れを予防するためも、「洗顔を丁寧にすること」と、「肌の表面をさらりと整えるお手入れ」がポイントです。



朝のお手入れ
1.朝の洗顔は丁寧に!
朝の洗顔を丁寧にすることは、酸化した皮脂や汚れを取り除き、ニキビやテカリ、化粧崩れの予防になります。日中を快適に過ごすために、適量の洗顔料をよく泡立て、泡で包み込むように洗いましょう。


2.肌の深部から健康に整えましょう。
肌の刺激に対応する抵抗力が十分に働くよう、肌の環境を健康に整えましょう。


3.朝の保湿は軽めに。
化粧崩れの気になる方は、肌の中からの分泌が多いため油分のあるものは控えめに使いましょう。
乾燥しやすい目元・口元など部分的に美容液や乳液、クリームを必要なだけお使いになることをオススメします。


4.化粧水でしっかりパッティング!
汗や皮脂の分泌が多くなる季節は、化粧水がしっかりなじんでいないと、毛穴が目立ったり化粧崩れしやすくなります。化粧水をたっぷりとパッティングし、肌になじませてすっきりと仕上げましょう。
特に乾燥の気になるところや化粧崩れしやすいところは、パッティングしたコットンを薄くはがし、ポイント的にローションマスクをすると、メイクの仕上がりやもちが良くなります。


5.紫外線から肌を守りましょう。
UVカット効果のあるメイクアップベースや、ファンデーションで肌を強い日差しから守りましょう。汗やほてりなどに対するトリートメント効果のあるアイテムを選ばれるのがオススメです。



夜のお手入れ
1.メイクや皮脂汚れをきちんと落としましょう。
日中の紫外線や湿度で、肌の表面は酸化した皮脂やメイクアップで汚れています。この汚れが残っていると角質の黄ばみやニキビ、トラブルの原因になりますので、きちんと落としましょう。

汗や皮脂の影響で肌がデリケートになっていますので、クレンジングは溶かして浮かすオイルタイプがオススメ。春夏用のファンデーションは落ちにくい処方になっているため、クレンジングはとても大切です。

洗顔料は適量を手のひらにとり、よく泡立ててメラニンを含んだ角質や皮脂汚れを優しく落とします。汗や皮脂の影響で美肌を保つ成分が消耗するため、アミノ酸やトリートメント効果のあるものを選びましょう。


2.今日の疲れは今日のうちにリセットしましょう。
硬くなった肌の疲れをほぐし、ストレスやトラブルの元をすっきりと取り除いて、肌を育てる細胞の内外の環境を元気にするアイテムで肌を助けましょう。


3.タンパク質を補給しましょう。
夏の過酷な環境に対応するために、肌はたんぱく質をたくさん消耗します。日中の軽めのお手入れに対し、夜は十分にタンパク質の補給を行いましょう。
鎮静効果のあるホイップマスクなどでシミの原因になる肌の微弱炎症をリセットするのも効果的。十分な肌の素材補給と健全なターンオーバーを支えることで、色素沈着を防ぎ、透明感のある肌を保てます。


4.化粧水で肌のキメを整え水分を補給しましょう。
汗や皮脂で肌表面の環境が悪くなり、キメの乱れや肌荒れを起こしやすくなります。さらに、エアコンや紫外線の影響で、汗をかいているわりには乾燥しやすくなっていますから、お手入れの仕上げにローションマスクなどで水分補給することをオススメします。
高温多湿、強光長日の夏、肌の環境を整え快適にお過ごしください。


関連記事
肌のシワや老化に、一番大きく影響する「紫外線」のはなし
日焼け止めを塗るときの注意点

 
カテゴリ:紫外線の記事一覧