テラッソ姫路、オープン!
姫路駅東に商業施設『テラッソ姫路』がついにオープンしました!外観はとてもおしゃれです。




オープニングイベントが始まる9時20分頃は、すでに列ができ始めたものの、それほど混雑した様子はありませんでした。


が、イベントが進むにつれてこんな感じに。建物をグルッと囲むように列ができてしまい、やはり皆さんオープンを心待ちにしていたのですね。一番乗りの方は9時前から並んでいたみたいです。



イベントは姫路のご当地アイドルKRD8のパフォーマンスに始まり、関係者の挨拶、そしてテープカットを終えてオープンのカウントダウンという流れでした。



    
    
    
    
    


人が多いのと時間がなかったので残念ならが中へは入りませんでしたが、この施設の一番の話題が4階から7階にあるシネコン(シネマコンプレックス=複合型映画館)ですね。
日本最大級の12ものスクリーン数近畿初の4DXを導入というのが最大のウリ。
4DXというのは、映画のシーンに合わせて椅子が上下左右に動いたり、客席に風や水が飛んだり、霧や香りが立ち込めたり、シャボン玉なども発生したりと、視覚だけでなく人間の五感を刺激して、まるで映画の中に入るかのように深くストーリーに触れ合うことができるシステムだそうです。
すでに4DXを導入している映画館では、「ベイマックス」などの上映で連日満席になるなど好評みたいですね。
まるでテーマパークのアトラクション。音響も世界最高水準でレンタルDVDやネット配信での映画観賞が増える中、劇場ならではの魅力で勝負という感じですね。




3階にはオリンピックの競技候補にもなった、今注目のスポーツであるフリークライミングが楽しめる施設があります。ワールドクラスの大会も開催できる高さ12メートルのクライミングウォール(人工壁)が備えられ、リードクライミングとボルダリングの両方を楽しむことができます。興味がある方はぜひ。



全部で30ほどのテナントが入っていて、姫路初出店のお店も多いです。
ちなみにこの姫路テラッソ(TERASSO)のネーミングはどこかの国の言葉かと思いきや、“人びとの暮らしを照らす”といった意味が込められている造語だそうです。 照らそう→照らそ→テラッソということですか?
ピオレのPeople(人々)、Impression(感動)、Originality(独創性)、Life-style(ライフスタイル)、Eki(駅)の頭文字をとってpiole、よりはわかりやすいですね?




 
 

カテゴリ:姫路の街の記事