話題の「花粉を99.9%カット」するマスク
厳しい寒さだった冬が終わり、快適で開放的になる春が到来すると花粉が辛いシーズンがやってきます。花粉症の方は外に出るときは、花粉から身を守るなど厳重な対策が欠かせないですよね。



ドラッグストアや雑貨店ではマスクだけでなくメガネやスプレーなど、専用のコーナーを設けています。100アイテムほどが所狭しと並んでいますが、なかでも花粉を水に変えるマスクが、特に注目されているみたいです。CMでもよく見ますよね、印象的な歌が耳に残ります。1枚600円弱と高価にもかかわらず品切れが続いている状態だそうで、それだけ花粉症の方にとっては切実なんだと思います。




ところで、環境省が4年前に公開した「花粉症環境保健マニュアル」に掲載されているマスクが、最近話題になっています。なんでも、普通に特売で市販されているようなマスクに一手間加えるだけで「99.9%花粉をカット」してくれる高機能マスクになるのだそう。

花粉症環境保健マニュアル(2014年1月改訂版)
http://www.env.go.jp/chemi/anzen/kafun/manual/3_chpt3-1.pdf




資料には不繊布マスクだけの場合と、インナーマスクを着用した場合の花粉除去率の差を調べたグラフが掲載されています。それによると、不繊布マスクだけでは、除去率は最大でも約85%で、実験開始から1時間20分後には70%程度まで落ち込んでいます。おそらく時間とともに隙間ができて、そこから花粉が入り込んでいるのだと思います。
一方、一手間加えた場合は、2時間の間ずっと90%後半の除去率が持続していたとのこと。




【作り方】
・ガーゼを10センチ四方に切り、2枚用意します
・化粧用コットンを丸め、1枚のガーゼでくるむ(インナーマスク)
・市販の不織布マスクにもう1枚のガーゼを4つ折りにしてあてる
・鼻の下にガーゼでくるんだコットン(インナーマスク)を置く
・息が苦しい場合には、コットンの厚さを半分にしてください



手間はかかりますがドラッグストアで特売されているマスクでも、99.9%効果が期待できるのが魅力ですね。興味をもたれた方は試してみてはいかがでしょう。


関連記事
足つぼ(足もみ)で花粉症も消えた、軽くなった
カルシウム不足と免疫異常

 
 
カテゴリ:生活の記事一覧
不調スッキリ!足つぼ(足もみ)やってます