入浴後のお手入れに

入浴後すぐの顔や体が濡れているうちに、水になじむ性質のあるオイルを残った水分と合わせるようになじませお肌に入れ込みます。こうすることで、健康な皮脂膜と同じ状態になり、みずみずしさやハリが失われるのを防ぎます。

角質細胞が適度な潤いを保つことで、後からお使いになるアイテムのお肌へのなじみ方や効果がグンと違ってきます。まず、入浴することで、じっくりと行きわたった潤いを逃がさないことが大切です。

お手入れのはじめには、美容原液オパールR-IIIを!
 

美容原液オパールR-IIIをお肌の状態(肌レベル)に合わせてゆっくりと心臓のリズムに合わせてなじませましょう。

まず、和漢植物と西洋ハーブエッセンスのほのかな香りを楽しんで、お肌も心もリラックスしてください。そして、フェイスラインの下のリンパのところから額、鼻筋へとお肌の隅々までじっくりなじませると、イキイキと健康的なお肌へエスコートしてくれます。

また、朝晩のスキンケアにプラスすることで、健やかなお肌を育み、さらに今お使いになっているスキンケアのトリートメント力もアップさせます。

お肌の乾燥が気になる方、季節の変わり目等にデリケートになる方は、オイルをお肌になじませた上から美容原液オパールR-IIIをお使い下さい。

ボディのお手入れにも最適です。
 

美容原液オパールR-IIIをボディシャワースプレーに入れ、湯船から出た最後の仕上げにスプレーしましょう。ベタつきやカサつきのない、吸いつくようなしっとり肌にしてくれます。かかとや、肘、膝など硬くなりやすいところは、オイルをなじませておくとヒビや垢切れにならずにツルツル!水気が残っているうちに行なうことがポイントです。



 

カテゴリ:お手入れ