おやすみ前の水分補給
毎日とっても暑いですね


「●●で最高気温を更新しました」
「午前中なのにすでに●●度」
「本日、熱中症のため、救急車で●人の方が搬送され、●人が重体。●人が亡くなりました。」


テレビや新聞でも連日、こんな感じで、まずは熱中症のニュースばかり。
見ているだけで熱くなります。
水分補給をこまめにして、熱中症には充分お気をつけくださいね。

足つぼにこられるお客様で
「朝起きたときにすごく足がむくんでいるんです。どこか悪いんですか?」

と心配される増えてますね。
ほぼ共通しているのが「寝る前にゴクゴクと冷たいものを飲んでいる」とのこと。

就寝前に水分をよく摂る。たしかに寝る前の水分補給は大切です。問題はそのとり方。
朝、足がむくむ原因として考えらえるのが、就寝前の過剰な水分摂取です。カラダの吸収力以上の水分がカラダに入ると処理しきれなくなって溜め込んでしまうのですね。
夜遅くまで飲んで帰ってきてすぐに眠ってしまった場合など、足だけでなく顔まで酷くむくんでいたという経験がある人もいるのではないでしょうか。

そして、その温度。冷たい飲み物は胃を急速に冷やします。内蔵細胞を冷やすと免疫力が落ちます。東洋医学的にいうと「気」が落ちます。内臓は冷えると活動が鈍ります。腎臓の働きも落ち、水分の吸収力も落ちます。むくみます。
冷たいものを飲んで体が冷えたとしたら、筋肉がエネルギーを使って体温を保とうとします。そのためかえって体温が上がってしまい、余計熱さを感じやすくなるようです。熱いからさらにゴクゴクと冷たいものを飲んでしまう。そして体温上昇。。。
できる限り常温の水、さらに可能ならお白湯にして摂取してもらいたいです。


お茶は基本的にNG。カフェインの利尿作用で体からは水分が すぐに排出されてしまいます。カテキンも目を覚ますので寝付けないということになりかねません。

麦茶は有効です。麦茶の成分にカラダを冷やすことなく体温を下げる作用がありますし、胃を保護する作用もあります。ノンカフェインでミネラルも豊富となかなか優秀な飲み物。
が、やはりこれも温度が問題になります。
常温で飲まれる分にはまったく問題ありませんが、麦茶は保存が効きにくい飲みもの。普通は冷蔵庫に入っていますよね。冷えた飲み物は基本的に同じ理由で、日中はゴクゴク飲んで頂いてもいいと思いますが、就寝前には控えたほうがいいと思います。
絶対にダメというわけではなく温かくして飲むのがベストなんですけど・・・どうしてもという場合は・・・口に含んで少しでも温めてから喉に通すという感じでしょうか。




あと塩分の補給もお忘れなく。水分だけでも実は脱水症状がひどくなるんです。



お医者さんの話では、水1リットルに、食塩を3グラム(小さじ3分の1)がちょうどいい割合、さらに砂糖を40グラム加えるとベストらしいです。