血流カイゼン、お肌もカイゼン
ちょっと実験。
両手を上に上げてバンザイのポーズをとってください。そして30秒間、両手を振ってください(遠くの人にバイバイする感じで)30秒間はきついと思いますが、手を下ろしたとき「ジーン」と感じますか?
感じない方はカラダの血流が相当悪いと思っていただいていいかと。おそらく精神的な緊張が続いてストレスから不眠症を引き起こしているはずです。




以前に記事にしましたが、頭痛生理痛のお薬を服用している方や、高血圧のお薬を服用されている方、ヘビースモーカーの方は、そのお薬によって血流が抑えられているので低体温になりやすいです。そして、「低体温=血流が悪くなる」とシミ、シワ、タルミなど、お肌のトラブルになりやすくなります。


血流が悪いということは、隅々の細胞に酸素も栄養素も届いていないし、そこにある老廃物も回収されていないので細胞がダメージを受けたまま死んでいってしまいます。脂肪も運ばれにくくなってしまい、太りやすい体質になってしまいます。美の大敵、セルライトもつきやすく、落ちにくくなってしまいます。



内臓の働きも悪くなります。胃が働かないと力だって出ませんよね。いわゆる夏バテです。




血流のことなので、お勧めなのは足ツボです。足の裏を刺激することは全身の血液をかき回すことになるので、体温の上昇=血流の回復を簡単に感じてもらえると思います。
ただし、ソフトな刺激(痛気持ちいい)ではダメで
歯を食いしばるような激痛に耐える覚悟が必要なんですね。ですが、必ず健康になります。「痛いところ=身体の悪いところ=血流が悪い」ところです。
そして「痛みの大きさ=どれだけ健康になりたいか」です。刺激していくと汗だくになるくらいカラダがポカポカしてくるのがわかると思います。お肌も元気になりますよ。




痛いのはイヤという方はお風呂に浸かってしっかり汗をかくことです。
頭の中からポタポタ汗が垂れるくらい。
この汗は日中にかく悪い汗とは別なんですね。
こういういい汗を1日1回はかくことが大切。今の時期ですと40度くらいのお湯で半身浴です。きっと20分以上はかかると思います。ぬるま湯で半身浴ですよ。熱めのお風呂に全身入ると、血液の粘性が上がり、血圧が上昇します。特に、高血圧や心臓の弱い方などは注意しなくてはなりません。



どちらの方法も低体温の方、最初は辛いでしょうけど頑張ってみてください。
最初はぐったりするかもしれませんが、慣れてくると爽快になりますよ。


 
 
関連記事
たばことお肌 その2
頭痛生理痛のお薬について

 
 
カテゴリ:足つぼ(東洋医学)の記事一覧
  


不調すっきり!足つぼ(足もみ)やってます