「胸焼け」の対処法
胃もたれと同じように、食べすぎや飲みすぎで起きる胸焼け。

つらい症状として

焼けるような痛み
キリキリと痛む
すっぱいものが上がってくる
喉が焼けるような不快感


などが主な症状です。


胃もたれと同じでつい食べ過ぎてしまったときに起きるのですが、
直接の原因は胃酸過多
暴飲暴食・アルコール・刺激強い食べ物・カフェイン、そしてストレスなどで
胃が刺激され胃酸が必要以上に分泌されたときに起きやすい。

あと、食後の後の一服がやめられないという方。
たばこを吸うことで胃の粘膜の血流を低下させるとともに、
胃酸の分泌を促進する効果があります。
かゆみや痛みといった不快感も血流が増えることで生じます。
食事の後は胃に血液が集まるので、
たばこを吸うことで血流を悪くし、食後の不快感を軽減することはできます。
ですが、胃を守る粘膜の血流が低下するため、
胃から分泌される胃液で自分の胃をとかす危険が格段に高まります。


胃酸の分泌が少ないのが原因の胃もたれとは逆になりますね。
なので和らげる方法も逆ということになります。

では、どうすればいいのかというと
コップいっぱいのお白湯を飲む
これで胃酸を薄めてあげるのです。

胸焼けの原因は胃酸が出すぎているので
胃もたれのように胃の中を空っぽにするのは逆効果
ということになります。

胃酸を薄めるのが目的なので
アルコール、紅茶、緑茶といった味のついたものは基本的にNG
胃が消化しようと胃酸を分泌してしまいます。
特に柑橘系のジュースやコーヒーは胃酸の分泌が過剰に促されてしまうので、
ますます症状が悪化してしまいます。
味のないお白湯は消化されることなく胃を通過し、
さらに適度な温度があるので胃そのもののと肝臓に負担をかけません。




関連記事
「胃もたれ」の対処法
たばことお肌 その2

カテゴリ
カテゴリ:健康メモの記事一覧