足つぼの痣(あざ)について

痣(あざ)についての話題です。まず断っておきたいのですが、足つぼ(足もみ)は、痣を作るのが目的ではありません。痣ができるのはまれですし、痣が出なければ効果が無いというわけでもありません。お伝えしたいのは、痣そのものよりなぜ痣ができてしまうか?ということに目を向けて頂きたいという趣旨です。それをご了承していただいた上で読み進めてくださいね。

足つぼ(足もみ)でできた痣を、スマホで写真に撮ってに「この痣は大丈夫ですか?」
と心配される方もいらっしゃいます。

もちろん大丈夫です!!
わざと痣ができるように傷めつければ、当然痣はできますが、ちゃんとした足つぼ(足もみ)であれば、痣は何も無いところにはできません。
でも、事実として痣ができることはあります。痣ができるのは、そこの毛細血管自体がボロボロにもろくなっているからなんです。そこに(石のように)結晶化して、硬くなった老廃物が崩れたとき、一緒に血管も崩れるからなんです。

これは正常な毛細血管の顕微鏡写真


そして、こちらが退化してしまった毛細血管


退化しもろくなった毛細血管は血管としての機能はなくなっていますし、弾力性もなくなっているので、ちょっとした力でも簡単に崩れます。

何トンもの力で何かをぶつけたというのであれば、健康な細胞まで傷つけてしまうので、話は違ってきますが、せいぜい数キログラムの力の足つぼでできる痣は必ず消えます。崩れた血管は、ちゃんと再生されるので、きれいに元に戻ります。血管の再生能力には個人差はありますが必ず消えます。

人間のカラダはダメージを受けるとより強いカラダを作ろうとします。ホメオスタシスという機能です。筋肉も負荷をかけられると乳酸により筋繊維が破壊されます。そして、カラダは同じような負荷がかかっても筋繊維が破壊されないように、より太い筋肉を作ろうとします。この繰り返しで筋肉モリモリなカラダが生み出されるんですね。
毛細血管も同じです。一旦取り去ってしまえば次に強い血管が再生されます。

なので、痣が消えとき、その場所の毛細血管は新しく丈夫な血管に作り直されたということ。すこし健康体に近づきました。そして、新しく丈夫な血管であれば痣はできません。

ところで、もろくなった毛細血管は、放置すると自然消滅してしまいます。
「カラダに必要ない血管」と判断してしまうから。医学的にはゴースト血管と呼ばれます。血管が消滅すれば、それだけ酸素と栄養が身体の隅々まで届けられないので、届かない細胞は死にます。これがいわゆる老化という現象です。完全に消滅してしまった毛細血管は元に戻すことはなかなか難しいです。足つぼは全身の血流を高めるとともにまだ救える毛細血管を作り直すことも目的とします。

もちろん何が何でも痣を作ればいいというのではありません。できてしまっても心配ないということです。痣ができるのは、血管が弱っていたということ、それだけ身体も弱っているということ。健康な血管であれば痣はできません。無理なことを言いますが、痣に納得して頂きたいと思っております。そして、足の痣が消えた後の体調に目を向けて頂きたいです。



関連記事
身に覚えのない痣(あざ)ができる原因
老化は毛細血管の減少から


 
カテゴリ:足つぼ(東洋医学)の記事一覧

 

不調スッキリ!足つぼ(足もみ)やってます