アトピー肌のボディーソープ選び
肌は意外と汚れるものです。
運動などをして汗をかいたときはもちろんのこと、
そうでなくても微量の汗や脂肪などの分泌によって
皮膚の表面は絶えず汚れています。
微細な地理やホコリなども付着しています。
小さな子供であれば、動きが激しい上に、
外遊びの際の汚れや食べ物の汚れなどもあり、
大人以上に汚れやすいです。

スキンケアの第一歩は清潔な肌から始まります。
毎日、入浴することによって、肌を清潔に保ちたいものですよね。
アトピー性皮膚炎の人にとって、
まず、身体を洗う固形石鹸選びは重要ですが、
それ以前に石鹸を使いすぎないということも大事です。

というのも、石鹸を使いすぎると、肌の汚れを取り除くだけでなく、
肌に必要な皮脂分までも取り去ってしまうため、
あとで肌がカサカサするなど、肌を乾燥させることになるからです。

特に乳幼児や小学生くらいの子供の場合、
まだ大人のように皮脂腺の働きが活発でないので、
石鹸の使いすぎには気をつけたいものです。

例えば夏など、一日に何度か入浴する(シャワーも含めて)ような場合、
毎回石鹸を使って洗う必要はないでしょう。

また、石鹸をタオルやスポンジに塗って
肌をゴシゴシこするというやり方も、
ダメージを受けやすいアレルギー体質の方の肌には大敵です。。

長年、スキンケア製品の開発を手がけている研究者によると、
手のひらで石鹸を泡立てて、
その泡だけが肌に触れるようにして洗うのが理想だということです。

特に乳幼児であれば、お母さんやお父さんの手のひらで石鹸を泡だてて、
その手でやさしく肌をなでるようにして洗ってあげれば、それで十分です。
ゴシゴシ洗うのはNG
です。

それをまず理解して頂いた上で、ボディソープ選びです。
化粧品と同様に、石鹸やシャンプーもまた肌に直接触れるものですから、
配合されている薬剤を確かめてシンプルなものを選びたいものです。

非常に高い価格なのに、原材料が明らかでない製品や、
製造販売・取り扱い代理店などさまざまな会社名がパッケージに書いてあって、
製品に対する問い合わせ先がはっきりしないものなどは、要注意です。

オススメはリスブランの「一生青春リキッドソープ」




生理機能の低下による膚の乾燥をケアし、回復を助けます。
ブドウ由来成分(保湿剤)配合で、潤いをしっかりキープし、
なめらかな膚に整えます。
リスブランなので肌への刺激が極めて小さく、
アトピーやトラブル肌でお悩みの方に好評です。

「石鹸やボディーソープはいろいろ試してみたけど、どれもダメ。」
「でもこれだけは大丈夫でした」


というご感想を多数頂いています。
深刻なトラブルを抱えているわけではないけれど、
「お風呂上りにカラダがかゆくなる」
という方にもオススメできます。



関連記事
リスブランでアトピーをケアする。その1
リスブラン一生青春シリーズ
泡の役割




 
 
カテゴリ:アトピーの記事一覧