リスブランでアトピーをケアする。その1
保湿能力がとても良く、低刺激で高い安全性のノンEローション。
敏感肌の自分用にも、アトピーのお子様用にもと安心して使い続けられると
とても人気のあるローションです。
健康な肌は水分と皮脂のバランスを適度に保っています。
水分が不足すると肌はバリア機能が衰え、さまざまな外からの
刺激が侵入してアレルギーによる湿疹や炎症を起こしやすく
なってしまいます。


赤みを帯びた皮膚のケア
皮膚の赤みは、肌に熱がこもっているために起こることがあります。こんな時は、熱を冷まし、肌から熱を取り除く「ローション湿布」を行います。リスブラン化粧品の「ノンEローション」は、漢方の甘草の成分「グリチルリチン」が含まれ、赤み(炎症)を抑えるのに適しています。また、ローションで湿布することで皮膚表面の熱を十分に取り除いてくれます。


ジュクジュクした皮膚のケア
ジュクジュクしている場合には、細菌の感染に注意します。症状が悪化しないように清潔にしましょう。リスブラン化粧品の「ノンEウォッシュ」は、炎症を抑える「グリチルリチン」を含むため、赤い熱をもったジュクジュクのお肌には適しています。しっかりと泡立ててから肌に乗せた後、洗い流すようにしてください。肌がジュクジュクしている場合は、外からの刺激を受けやすい状態になっているため、低刺激のシャンプーであってもお肌に負担になる場合があります。そのときは、1回に使用する量を少なくしてさらに水で薄め、よく泡を立て、その泡を身体全体にのせるようにしましょう。


乾燥した皮膚
皮膚の水分が不足すると乾燥がみられることがあります。赤みがあるときは、炎症を抑えるためにローション湿布を行いますが、乾燥の場合は、水分をたっぷり補うために行います。


かゆみのある皮膚のケア
リスブラン化粧品の「ノンEシリーズニュー」は、漢方の陳皮の成分が含まれ、痒みを鎮めてくれます。ローション湿布を行うと良いでしょう。


黒く硬くなった皮膚のケア
皮膚は通常一定のサイクル(ターンオーバー)により、古い皮膚(角層)は、自然と剥がれ落ち、新しい皮膚が現れます。掻き壊しなどにより、正常なサイクルで角層が作られない場合に、皮膚が黒くなることがあります。この場合には、硬くなった黒い皮膚が、自然に剥がれ落ちるようにしてあげます。必要以上の刺激がかからないように注意しながら、皮膚の汚れを落とし、水分を補給して、保護しましょう。また、黒い皮膚では、血行が悪くなっていることが多いので、顔のマッサージで血行を良くしましょう。





アトピーはスキンケアをしっかり行うことで、
根本的に改善できなくとも、症状を軽快させて、
日常生活ができる状態にすることは可能です。
また皮膚は肌を再生する基底細胞が存在する限り、
きれいに生まれ変わりますのでしっかりケアをして、
ステキなお肌を目指しましょう。




リスブラン化粧品は敏感になりがちな皮膚のために生まれた低刺激の化粧品です。

安全性と効果を高度に具備し、健やかな美しい肌へあなたを導きます。

 




関連記事
使い続けると怖いステロイド
リスブランでアトピーをケアする。その1
肝臓の疲れにご注意を!

 
 
カテゴリ:リスブランの記事一覧
カテゴリ:アトピーの記事一覧