半身浴
疲れたときに湯船につかる。気持ちいいですよね。
でも疲労回復のためには「熱いお風呂は逆効果」なんです。

たしかに熱いお風呂につかると気持ちいいですし、
すぐに血行もよくなって気分も「シャキっ」とします。
ですが、この「シャキっ」は急に熱い湯船に浸かって、
交感神経が活発になったためで、
このときカラダは筋肉や血管が収縮します。

これによって身体に新たなストレスをかけてしまい、
疲れを生んでしまっているんですね。

疲労回復のためには
40度弱の「ぬるいかな?」と感じる程度のお湯に
20分ほどの半身浴が理想的


交感神経が刺激される熱めのお湯に対して、
ぬるめだと副交感神経が優位になることで、
心身をゆったりさせる効果があります。

半身浴だとのぼせる心配も少なく、
普通の入浴とは違いゆっくりと
身体の芯までゆっくりと温まり、
無理なく血行や代謝がアップすることで
疲労物質(老廃物)の排出を促し、
毛穴が開いて余分な脂質や老廃物、雑菌を
きれいに洗い流してくれます。
結果、効果的に疲れが消えていきます。


半身浴をすることで、お肌の血行があがり
ニキビや毛穴の黒ずみが解消
また、新陳代謝があがるので、
燃焼する身体になれる効果も期待できるようですよ。



 
カテゴリ:健康メモ の記事一覧