老化の意外な正体
4月7日のNHKスペシャルは「老いの以外な正体」について放送していました。

NHKスペシャル
人体 ミクロの大冒険 第3回あなたを守る!細胞が老いと戦う
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0406/


老化……これまで老化とは
「身体のあらゆる場所が衰えること」
とされてきましたが、最近の細胞研究では
「免疫細胞の衰えがその根底にある」
という事実が明らかになりつつあるそうです。
また、年齢を重ねるごとに病と闘うはずの免疫細胞が
逆にさまざまな病を引き起こしていくというのです。

100歳でも健康で元気に動き回っている人の血液を調べると
共通しているのが、免疫細胞が若者と同じくらい働いているとのこと。

人間の身体は60兆個の細胞でできています。
免疫細胞は2兆個。
割合で言うと3%です。
これで残り58兆個の細胞を外敵から守っています。
菌やウィルスといった異物を見つけると、免疫細胞は異物を攻撃し、
私たちの身体を守ってくれます。
実は健康な身体であっても存在するがん細胞も
免疫細胞が大きくなる前に攻撃し殺してくれています。


ところが、病原菌から、「守ってくれている」はずの、免疫細胞自体が、
何かのはずみで、我々の正常な細胞を攻撃しだす。。。
これが老化の本当の原因。


番組の映像でもありましたが、
20歳代と、70歳代では免疫細胞が、病原菌を発見し、
やっつける比率、正常な細胞を攻撃する比率が雲泥の差です。


つまり、老化を防ぎ、若さを保つには
免疫細胞を効果的に働き続けさせられる環境というか身体をつくればいい
わけですね。

免疫細胞を活発化させる方法は、
すでに今までの医学で解明されています。

体温を上げる

これだけです。

人間は、体温が少しでも下がると免疫力が低下します。医学的には体温が1度下がると
免疫力は30~40%低下し、逆に体温が1度上がると免疫力が60%近く上がると言われ
ています。


体温を上げるには
・運動する(有酸素運動がベスト)
・入浴
・笑う
・身体を温める食べ物を食べる
・できるだけお薬(化学物質)を摂取しない
・マッサージ
・ストレスを避ける


いつも笑顔で活発に動いている人が若く見えるというのも納得です。
体温を上げるという意味でも、全身の血流がかき回される足つぼも効果的ですよ。


関連記事
あなたの体温は36度ありますか?
血流カイゼン、お肌もカイゼン

 
カテゴリ:老化 の記事一覧