不妊に足つぼ=温かいベッド(子宮)を用意する
病院での不妊治療に加えて、ヨガ、水泳、鍼灸、気功、マクロビを初めとする食事療法、医師や栄養士などが管理した食事を出すホテル・・・いろいろ試して最後にたどり着いたのが足つぼ(足もみ)という方は多いです。
「ダメもとで」「正直初めは半信半疑でした」「足なんて関係ないと思っていました」とおっしゃる方がほとんどですね。
ただ、リラクゼーション目的のソフトな足つぼとは違い最初の数回は激痛です。その最初の数回の痛みがネックになって、断念される方が多いのも事実ですが、「悪いところがあるから痛いんだ」と前向きにとらえ、その痛みを乗り越えた方は不妊に限らず、いろんな不調を克服できていると思います。
初めは逃げ出したくなるほどの痛みも、徐々にですが心地よい痛みに変わってきます。そのころにはカラダもすっかり健康体なのでお腹の中の赤ちゃんも元気に育ってくれます。





文明が発達した現代において非科学的な考えになりますが「子供は天からの授かりもの」という言葉があります。
その考え方から見ると、不妊は 「何らかの理由で神様が授けてくれない状態」ということになると思います。


でも、その「何らかの理由」はシンプルです。これまでこのブログで書き綴ってきた、他の不調と変わりません。身体の冷え=血液循環の不良ですね。
これは男性側に原因がある場合(無精子症など)も同じです。高齢になるほど不妊症になりやすいというもの、それだけ多くの量の老廃物が足裏を中心にたまっているので、その分血液循環を悪くしているからとも考えることができると思います。一概に高齢=妊娠できないというわけではないと思います。高齢でも血液循環が良好なら妊娠可能ですし、若くても老廃物いっぱいの不健康体なら妊娠は難しいはずです。
結局は、やはり血液循環の改善がカギということにたどり着くのだと思います。

不妊をはじめ、婦人科系の不調を抱えている方にほぼ共通した印象があるのが、「身体が冷えている」ということ。 それらはつまり血液循環が悪くなっているということ。本来、静脈で回収され外へ排泄されるべき不要なゴミ(老廃物)が、排泄がうまくいかず体内に残り、血管を圧迫しているんですね。ちなみに、そのゴミが子宮で塊になったものが子宮筋腫だったりするわけです。

ところで、薬は強い薬になればなるほど肝臓にも負担がかかりますし、ケミカルな薬自体が老廃物になり溜まっていきます。不妊治療と並行して足つぼにこられている方の足裏の老廃物の溜まり方を見ると、不妊治療の薬は非常に強い部類に入ると思います。身体(肝臓)に相当な負担をかけていますし、子宮をさらに冷やしてしまっているはずです。

 

老廃物がいっぱいで、血液循環が悪いカラダと冷え切った子宮。子宮はベビーベッドに例えられますが、ゴミいっぱいで冷えたベビーベッドでは、神様はなかなか子どもを授けてはくれません。 子宮が冷えて、血液も足りず、酸素も足りない。だからこんな所で胎児は育てられない。不妊は「その前にしっかり掃除をして下さいね」という神様からのメッセージではないでしょうか。
子どもよりは、「まずは母親になるあなたが健康になってくださいね」 ということです。


血液循環を阻害しているのは、なんといっても足裏。血液循環を阻害している原因の8割が足裏の老廃物。
揉むとゴリゴリ・ジャリジャリ音がする老廃物が血行を悪くし、体温も低くなります。これを除去してあげればいいわけですね。足裏の固くなっている部分をくまなく揉み解すことが重要です。


最初はおそらく想像されている以上の痛みと闘うことになると思います。まったく痛くないのであれば不妊にはなっていません。
その痛みに耐え、だいたい3ヶ月経過した頃、体温の上昇など身体に何らかの変化が出てくる方がほとんど。 この頃になると痛い足つぼが痛くなくなります。
痛いのは痛いのですが、初めは逃げ出したくなるような不快な痛みも、「痛みの質というか種類が心地よいものに変わってきた。」ということが実感できるはずです。
そして、足首のくびれができて、アキレス腱やくるぶし、かかとにあった老廃物がなくなってくる頃になると、子宮の温度もあがり、赤ちゃんを迎えられる温かいベッドの完成です。





温かいベッド(子宮)を用意するために必要なのは最初のうちは痛みに耐える覚悟と、少なくとも半年は続ける意志です。半年後にはカラダに何らかの変化が実感できるはず。副作用もないですから、いま行っている不妊治療と並行しても問題ありません。不妊治療は数百万円かかると言われていますが、ご自身で足を揉むのならお金はかかりません。足を揉む棒と摩擦予防のクリームだけ、数百円ですみます。
ただ、手術や薬事療法ではなく、あくまで体質を変えようとしているわけですから、どうしても時間はかかります。3ヶ月、半年、1年・・・かかる期間はもちろん個人差がありますが、ゴールは必ずあります。あきらめず頑張ってください。

 
関連記事
子宮筋腫、子宮内膜症に足つぼ(足もみ)
重い生理痛…婦人科疾患の入り口

 
カテゴリ:足つぼ(東洋医学)の記事一覧

 

不調スッキリ!足つぼ(足もみ)やってます