コラーゲンは食べても意味がない?
コラーゲン鍋、コラーゲンドリンク、コラーゲン配合のお菓子・・・
女性ならみんな知ってるコラーゲン。

保湿効果が高く、肌に良いといわれているコラーゲン。
新聞や雑誌の広告やテレビのCMでは、
頻繁にコラーゲン入り商品の宣伝を目にしますね。
実際、コラーゲン配合と謳っていると売上もアップするらしいです。
サプリメントもよく売れているみたいです。
ところで、このコラーゲン、いったい何モノなんでしょう?

実は、コラーゲンは、皮ふや骨を作る元となるたんぱく質の一つなんですね。ですから、食べてしまえば胃で消化されて吸収されてしまいます。つまり、筋肉や骨のもとにはなりますが、直接お肌に働きかけてツルツル・ハリのある状態にしてくれるわけではないわけです。

コラーゲン鍋を食べた翌朝は、お肌がツヤツヤで、ハリのある状態になっていることが多いですが、これは実は、塩分やアルコールでむくんでいるだけであることがほとんどなんです。 または、本当にツヤツヤになっているのであれば、一緒に飲んだ日本酒の成分のグルコサミンによるものなど、別の成分が原因だと考えられます。

ところで、鉄分がないとコラーゲンは身体の中に入る時に分解されてしまいます。鉄が不足した状態でいくらコラーゲンを摂取しても効果は期待できません。



では、クリームとしてお肌に直接塗る場合はどうかというと、皮膚内部にまで浸透するためには、分子量500まで小さくする必要があるといわれていますが、コラーゲンは分子量30万。皮膚深くまで浸透するのは無理があるといえそうです。ただし、浸透は難しいですが、保湿効果は期待できそうです。

最近は低分子のコラーゲンが開発されたようで、こちらは効果が期待できるかもしれませんね。 低分子のコラーゲンそのものは吸収されることはないのですが、コラーゲンを作るスイッチを入れる働きがあることがわかってきたとか。


とにかく、
『コラーゲンは加齢とともに減少するので補わなければならない』これは、ある意味正しいとはいえますが、そもそも、コラーゲンは体内で常に分解と生成を繰り返していて、新陳代謝が活発なほど新しいコラーゲンが体内で生み出されます。つまり、年を重ねれば新陳代謝が衰えるとともに、コラーゲンの生成も衰えるという理屈ですね。

逆に、歳を重ねても新陳代謝を活発にすることができれば、どんどんコラーゲンが作られるということです。


代謝を活発にするためには、とにかく全身の血流を上げること。
運動、入浴、カラダを温める食事。そして足つぼ(足を揉む)など。
全身の血液をよく循環させることが、美肌をつくる近道だったりするわけですね。

  

 
 
カテゴリ:お肌の記事の記事一覧