見た目年齢を若くするのもカルシウム
カルシウムが不足すると見た目年齢が老けやすくなり、また痩せにくく太りやすくもなるってご存知ですか?
同じ年齢でも、見た目若く見えた人の方が体内カルシウム量が多く、上に見られる程その量は減少。一番年上に見えた彼女の体内カルシウム量が一番少ない傾向があるのです。



「カルシウムといったら骨」といったイメージがありますよね。
確かに骨の成分の25%がカルシウムですし、人体でカルシウムの99%は骨に存在しています。『骨はカルシウムの貯蔵庫』です。 ですが、身体の中で一番カルシウムを必要としているのは細胞なのです。

私達が身体を動かすのも心臓が動くのも全て細胞の働きですが、細胞が働くためにはカルシウムが必要なのです。 つまり、カルシウムは身体にある全ての細胞のスイッチを入れているようなものです。


筋肉細胞では、細胞内に入ったカルシウムが酵素のスイッチを入れることで筋肉が収縮します。 そしてカルシウムが酵素と離れて細胞スイッチがオフになり細胞を出ていくと筋肉は弛緩します。 このカルシウムの働きが繰り返される事で、私達は普段の生活で走ったり食事をしたり出来、また心臓や血管など各器官が正常に働くことができるのですね。

ホルモンの分泌細胞では、カルシウムが細胞に入り、酵素と結びつきスイッチを入れる事でホルモンが分泌。女性ホルモン等の分泌にも欠かせない大切な役割を担っているのです。

そして、身体を外敵から守る免疫細胞ではカルシウムが細胞に入り、細胞のスイッチがONになることで初めて外敵に対抗するようにT細胞やB細胞が活性化するのです。 私達の身体を24時間休み無く守ってくれるのもカルシウムがあってこそ




日本人はカルシウムの摂取量が足りていないと言われて久しいですが、カルシウム不足は単に骨粗しょう症になるだけではすまず、生命活動の根本が危険になるというわけですね。



もちろん、健康なお肌を作るため行われるターンオーバーにもカルシウムが必要です。そして、そのカルシウムが足りなくなると『新陳代謝』の細胞のスピードが遅くなり、老化のスピードが加速、つまり身体自体が老化していくわけなので、当然見た目も老けてしまうというわけです。骨や身体が不健康で肌だけピチピチになることはありえませんから。



リスブランのカルシウムラインシリーズは、水に溶けにくいカルシウムを肌に浸透しやすいカルシウムゾルの作用で、カルシウムを効果的に補います。お肌に直接カルシウムを届けるので効果的です。「さわりたくなる膚に」のキャッチフレーズ通り!お肌がカルシウムたっぷりの健康肌になると見た目も若くなりますよ。ぜひお試しください!
商品の詳細はこちらでご確認ください
http://www.lisblanc.jp/calcium_supply-calcium_line-jp.html
(カルシウムゾルはリスブラン独自の開発成分です)


関連記事
ご存知ですか?「カルシウムパラドックス」
お肌にもカルシウム
カルシウムと免疫異常

 
 
カテゴリ:お肌