乳児湿疹にはリスブランのPWSウォッシュ
大人と比べると薄くバリア機能も弱い赤ちゃんの肌は、さまざまな肌トラブルが起こりやすい状態です。乳児湿疹も肌トラブルのひとつ。
まだ小さいお子様に、『かかないで!』といっても、かゆいものはかゆい。かくのをやめさせてもやめさせなくても、辛そうな様子を見ているだけで何もできないまま、つらい思いをされているお母さんも多いと思います。病院にいってお薬をもらっても、やはり刺激や副作用が心配です。



赤ちゃんの乳児湿疹は、最初の対処が肝心です。それは、最初から薬剤を使わず、まず皮脂分泌が正常に整うように、スキンケアを見直すということです。最初から、ステロイド系のお薬を使う必要があるのか?ということをしっかり考えるべきだと思います。

乳児湿疹というのは、文字どおり「赤ちゃんにできる湿疹」のことなのですね。赤ちゃんにできる湿疹を総称して、乳児湿疹と呼びます。カサカサするものも、ベタベタするものも、ジュクジュクするものもぜ~んぶ乳児湿疹。乳児の周りの環境や季節などにも微妙に左右されて、皮膚の薄い赤ちゃんはあらゆる場所に湿疹として症状が表れます。

脂漏性湿疹と言って赤ちゃんがまだ低月齢のころ脂肪分の多い場所に出来る湿疹もあります。脂漏性湿疹のことをよく知らない人は、「清潔にするためのケアが不十分」であるかのように指摘したりするので、ストレスに悩むお母さんも多いです。でも乳児はそういう時期もあることをもっと広く知っていただきたいですね。誰でも新生児期はそうだったのです。


対処法は、せっけんの泡でやさしく洗い、清潔にしたあとは必ず保湿。これだけです。
ただし保湿剤についても注意が必要です。ベビー用であっても保湿力の強いものを使っていくと、皮膚はどんどん弱くなってしまいます。ヒアルロン酸配合なんて書いてあるとよさそうって思ってしまいますよね。
でも『皮膚がこんなに潤っているんだから、もう潤いを出さなくていいや』と、人の身体は考えるようにできているのです。お薬と同じですね。人間が本来もっている機能を奪ってしまうんです。
学習段階にある赤ちゃんに初めから外から潤いを与えてしまうと「乾燥してきた→潤いを出さないと」という機能が育ちません。
幼児期にエアコンの環境で育ったため、汗をかかない=体温調節がうまくできない子ども(低体温児)も多いみたいですね。理屈は同じです。

オススメしたいのがリスブラン化粧品の『PWSウォッシュ』。
PWSウォッシュには、潤いすぎず汚れをしっかり除去してくれます。


PWSウォッシュ150ml・2,000円(税別) / 300ml・3,000円(税別)

皮膚がトラブルを起こした時、以前の皮膚がどのように活動していたか、忘れることがあります。そんなとき皮脂分泌とはこういうものだよ~と教えてくれるのですね。PWS水は羊水(原始海水)の成分と同じ組成なので、赤ちゃんのお肌が思い出すのです。
迷ったときは、PWSウォッシュをお使いください。何人もの赤ちゃんがPWSウォッシュに変えてから、きれいになってきている実績があります。
リスブランですから安全性には全く問題ありません。赤ちゃんにも安心してお使いいただけます。

 
 
カテゴリ:リスブランの記事一覧