姿勢の悪さが二重あごの原因に
老若男女を問わず、気にする人の多いのがアゴのたるみだと思います。別に太っている訳でもないのに、むしろ痩せているのにアゴがたるんでいると太っているように見えてしまいますよね。ちなみにジェットコースターなどで、顔に急激な力が加わると、たるみがあれば明らかな変化が現れます。そのときの顔は、10年後のあなたの顔だったりするみたいです。

たるみは肌や脂肪を支える筋肉や皮膚の組織の衰えにより、一般的に20代半ばから始まる現象です。ゆっくりと進行するので自覚されにくく、またマッサージで解消することは残念ながらありえません。一時的にたるんだ部分を他へもっていくことで消えたように見せることはできますが、時間がたてば元の場所に戻ってくるのでやっかいです。根本的な解消のためには、やはり原因を理解する必要があると思います。


二重あごは急激なダイエットによる顔の皮膚のたるみでもできてしまいますが、ほとんどは顔が前に出ることで首の筋肉が緩んで、顔の筋肉の張りがなくなるため。ここのたるみがあごのたるみになるというわけですね。写真で言うと矢印の筋肉が緩むと首のたるみが誕生します。



そして、なぜ首の筋肉が緩むかというと猫背が大きな原因ということ行き着くのですね。背筋が丸まると、顔が下向きになります。すると顎を出すようにして前を向くため、首の前面は必要以上に皮が伸びてしまいます。ゴムやバネと同じで、伸ばされっぱなしだと伸びきってしまい、戻る力を失ってしまいます。これががたるみです。
さらに、たるんだ場所には老廃物もたまりやすくなり、二重あごの完成です。ちなみにですが、首の筋肉がたるむと二の腕もたるみやすいですし、ポッコリおなかも同じです。これらは体質というか遺伝というか、先天的なものだから仕方がないものと思っている人は多いと思いますが、そういう人もいるのかもしれませんが違うのですね。なってしまう理由がわかると、ちょっとした意識と努力でなんとかなるものだということも理解していただけると思います。




・長時間のデスクワーク
・ハイヒールやサイズの合わない靴を履いている
・スマートフォンを常に見ている
・歩く時にいつも下の方を見ている


こういう生活をしている人は、姿勢に注意してみてください。猫背は肺の容量を10分の1に圧迫してしまいますから、呼吸も浅くなり身体に大きな負担をかけてしまいますし肌の血色にも影響します。 健康面はもちろん、見た目にも影響してくるので、姿勢って大事なんだと思います。


関連記事
ハイヒールで浮き指、そして猫背へ
ハイヒールを履かないのに外反母趾や浮き指に
1分間に何回呼吸していますか?

 
カテゴリ:健康メモ