話題のハイパーボルトを導入してみました!

話題のハイパーボルト(HYPERVOLT)を足つぼ(足もみ)施術に導入してみました!

一見、ハンマーのような形状をしていますが、ハイパーボルトは、フィットネス大国アメリカで流行している筋膜リリース機器です。日本ではまだあまり有名ではありませんが、世界のトップアスリートやスポーツトレーナーなどをはじめとする、多くの方に使われています。
この機械、スポーツ界やフィットネスやマッサージといった世界では「身体のケアに革命を起こした」といわれるほどなんです。



日本でも数年前、サッカーブラジル代表のネイマール選手が使っているということで注目され、いまや全てのプロ野球球団選手、全Jリーグチーム、ラグビー日本代表チーム、全日本柔道女子チーム、競泳日本代表チーム、ウエイトリフティングの選手などなど、日本のスポーツ界でも加速度的に普及しつつあるという感じです。 ラグビー日本代表のリーチ・マイケル選手も練習の合間に使っているところを度々目撃されていますし、福岡選手もこのハイパーボルトで怪我を治したということでも話題になりました。

マッサージの常識も変わってきていて、昔ながらの筋肉そのものを強く揉んだり、強く押したりして凝りをほぐすのではなく、筋膜に働きかける施術が浸透しつつあります。一般的に筋膜リリースという言葉で呼ばれています。筋膜という言葉もここ5年ほどで広まって、書店でも筋膜リリースについての本を目にする機会も多くなってきました。

そもそも筋膜とは、筋肉の間にあってボディースーツのように全身の金幾の周りを覆う、とても薄い膜のことで、この膜がキレイに整っていないと筋肉の柔軟性が失われて様々なトラブルの原因になると言われていますし、筋肉はほぐれません。

肩たたき機など、振動マッサージ機そのものは昔からありましたが、ただ叩いているだけなので、表面の浅い箇所にしか効かず筋膜にまで届きませんでした。ですが、ハイパーボルトは従来のものと違って、表面だけではなく、深い箇所まで振動が伝わり筋膜に働きかけるように作られています。 この深い振動が、手もみではなかなかほぐせない、ほぐすのに時間がかかる場所の筋肉やカチカチになった筋肉も、強力で心地よい振動をあてるだけでみるみる効果的にほぐれていきます。

この機械を足つぼ(足もみ)に取り入れてみました。特に男性を施術する際、足裏よりもふくらはぎやすねの筋肉をほぐしたくても、なかなか大変だったりすることがあります。「もう少し足裏にも時間をかけたいけど足首から上の筋肉ももほぐさないと」という場合でも、この機械のおかげで時間配分が楽になりました。
いいですよ!

 


不調スッキリ!足つぼ(足もみ)やってます