XRAIN、雨雲の様子が手に取るようにわかる
今日は8月7日以来の、約20日ぶりの雨が「やっと」振りました。しかも今回も一時的な豪雨でしたね。結構な頻度でそらがピカピカ光ってました。
なかなか雨が降らないし、振ったら降ったで集中豪雨な感じで・・・なんとも極端ですね。



雨が降りそうなとき、「動くべきか、じっとすべきか」なかなか判断難しいときがありますが
そんなときに役立つのが、自分のいる地域の現在の雨量をほぼリアルタイム(1分後)に見る事が出来るサイト
「XRAIN雨量情報」




天気情報は気象庁の管轄なんですが、これはその上の国土交通省が運営しているというからスゴイんです。
何がスゴイって、これで今どのあたりがどれくらいの雨が降っているかが、すごく詳細にわかるんですね。気象庁のアメダスは県や市単位のおおよその位置しかわからないのですが、これは町村単位!、目を凝らせば、もしかしたら自分のいる場所をピンポイントで確認できるというくらい詳細な情報が表示される点がスゴイ!
さすが親分!

xrain
http://www.river.go.jp/x/krd0107010.php?lon=134.6810531616211&lat=34.82338640758182&opa=0.4&zoom=12&leg=0&ext=0




縮小しているので見づらいですが、こんな画面です。


21:04 姫路市中心部は豪雨のちょうど真下(^^)
やはりピンポイントで強く振っているなというのがわかります。


21:07 ピークは過ぎ去ったのが確認できます。



21:17 雨は完全に止みましたが、西から雨雲がまた近づいています。
ただ、そんなに強くなさそうかな、というのもわかります。





こんな感じで分単位で雨の様子が手に取るように把握できるので便利!


ウェザーニュース等で大まかな雨雲が動く方向を確認して、さらにxrainで詳しく確認してあげると
「あと何分ぐらいでどれくらいの雨が何分くらい降るな~」っていうのが手に取るようにわかりますよ。




ウェザーニュース(雨雲の動き)
http://weathernews.jp/radar/#//c=55




地域の行事や旅行、キャンプ、スポーツ観戦、屋外でたくさんのイベント計画されていると思いますが、雨の予想がいち早く、正確に事前にわかれば、雨対策やイベント変更などの対策が確実に行えますよ。
もちろん 仕事にもつかえます。
もしよければご活用ください。




関連記事:けっこう便利、防災速報アプリ
 
カテゴリ:生活