良くなっているサイン!!好転反応について その2

体質改善を目的とした足つぼ(足もみ)のあとは好転反応(瞑眩反応)が起きることがあります。好転反応・・・リフレクソロジーやボディトリートメント、体質改善の化粧品や漢方薬を受けた後によく聞く言葉ですが、カラダの中に溜まっていた老廃物が外に排泄されようとするときに起こる反応。それはつまり、カラダの自然治癒力が活性化してきた証拠なんです。

例えば、胃がかなり悪い方は、吐き気がするようになったり、子宮筋腫や子宮内膜症など婦人科系のトラブルをお持ちの方は、一時的に重い生理痛になったりということもありました。
また、クレアチニンの値が高く、透析寸前という方の足裏を揉んだときは、膝裏が腫れ上がり、ふくらはぎが内出血でアザだらけになったりということもありました。その後、内出血はきれいに消えて丈夫な血管に作り直され、腎臓の働きもよくなってきたため、徐々にですが数値も下がっていきましたが、最初はいろんな反応がでてしまうものです。
また、リウマチなど免疫に不全を抱えてる方は、眠っていた免疫が動こうと熱を出すため、やはり腫れることが多いです。

ある程度は経験則が蓄積されてはいますが、個人個人で違うので「こうなります」と断定することが難しいですし、必ず起きるかというとそうでもなかったりするので、なかなか難しい反応です。

ただ、好転反応というものは一時的に「余計に悪化した?」と思われる反応なので、そうなっても続けて足つぼ(足もみ)に通っていただいているお客様には、ただただ頭が下がる思いです。

よくある好転反応の例を挙げると・・・
・足首やふくらはぎにあざが出る。
・足が痒くなる。
・頭がぼうっとする。
・だるくなる
・腰や背中など今まで痛くなかったところが痛くなる。
・元々出ていた咳がひどくなった。
・尿の色が濃くなった、尿が匂う。
・トイレが近くなった。
・発熱した(がんやリウマチなど免疫疾患を患っている方に多いです)
・のどが渇く。
・吐き気がする。(胃がかなり弱っている方)
・手に汗をかく。
・歩くと足裏に痛みが走る。(老廃物の塊が崩れたため)  などなど


一時的な初期反応とはいえ、驚いたり怖くなって途中で足つぼを断念される方が多いのも事実です。ですが、不調を克服された方は、好転反応がでても、「身体が変わろうとしているサインだ」と前向きに捉えてくださってます。そしてその後、悩まされたトラブルが消えたということは共通しています。

好転反応はかえってカラダが悪くなったと勘違いしがちですが、カラダが生まれ変わろうとしているサインなんです。例えば、リウマチなど免疫に問題を抱えている方は、眠っていた免疫が急に動き出すので、熱を出したり腫れたりすることがあります。ですが、それは何かの病気になったから起きた反応ではなく、病気に対抗するために起きているのです。体温を高めることで免疫機能を応援しているからで、頑張って健康になろうとしている証拠です。時間がたてば免疫も落ち着きを取り戻し、健康に向かって変化してくれます。(参考記事: カルシウム不足と免疫異常

また、腎臓にトラブルを抱えている方は、血管もボロボロになっているため、簡単に壊れて内出血を起こし、膝も赤くパンパンに腫れ上がってしまうこともあります。足を揉むことで全身の血液循環が回復すれば腎臓の働きもよくなりますし、ボロボロだった血管にも栄養がいきわたり丈夫な血管に生まれ変わります。徐々にですがクレアチニンの数値も下がっていきます。でも、最初はいろんな反応がでてしまうものです。

  

悪いものを薬や手術で切り取る、抑えつけるという考え方。これが西洋医学。副作用があります。
一方、カラダの免疫力を高めて悪いものを外に出すという考え方。つまり病気は自分自身が予防し治癒する。これが東洋医学の基本です。副作用はありませんが好転反応(瞑眩反応)があります。
てんびんが傾いたままサビついた状態が不健康、カラダが不調な状態とします。このサビをとっていくのが東洋医学の考え方です。サビをとって最後は自力で左右バランスの取れた状態に「自力」でもっていきます。ただ、サビをとったとき元に戻ろうとする反動で、いったん反対側に傾iてしまうことがあります。これが好転反応です。反動の大きさは個人差がありますが、時間が経てばやがて左右バランスの取れた健康なカラダになります。

不健康はサビと一緒。少しずつ少~しずつ進行して、気がついたらびっしりこびりつく。病気は昨日今日のことが原因で、急になるものではありません。5年前、10年前からの生活習慣の積み重ねが引き起こすものがほとんどだと思います。
少しずつ蝕んでいくので、カラダも異常に気づかず不健康な状態を普通と思ってしまいます。その不健康な状態が「普通」だと慣れてしまったカラダには健康になろうとする変化がむしろ「異常」と認識してしまうことがあります。そういうときいろいろな反応がでるんです。発熱、けだるさ、発疹、痛み・・・
でも、いろんな反応がでても、時間が経てば健康な状態が「普通」だとカラダは自覚してくれます。

サビは老廃物です。足つぼをうけて体が重く痛くなった方!!! それは足裏を刺激するという、もっとも全身の血液をかき回すことで、全身の免疫機能が活性化した証拠なんです。
なので、頑張って継続してくださいね。 その先に健康は必ずあります。

関連記事
実は一番重要な臓器、肝腎かなめの腎臓
カルシウム不足と免疫異常
足つぼの後のだるさ

 
カテゴリ:足つぼ(東洋医学)の記事一覧

 

不調スッキリ!足つぼ(足もみ)やってます