人工塩と自然塩
高血圧=塩分というイメージがあると思いますが、
自然塩は害になるどころかカラダを温める効果があります。
東北の雪国の人たちが塩分の濃い味噌汁や塩鮭を食べるのは、今のように暖房器具がない時代に寒さをしのぐには塩に頼っていたという背景があるわけです。
身体が温まると血流も良くなって、肌が潤ってきます。

肌の中の細胞の中に水分が多い状態が健康な状態です。細胞の中ではなく、細胞と細胞の間に水分がたまった状態がいわゆる「むくみ」と言われる状態。
細胞の中に水分を取り入れるには塩分が必要なのでです。いくら水だけを飲んでも浸透圧の関係で細胞の中には取り込まれないんですね。

ここで問題になってくるのがその塩の種類。
かつては海水を天日で蒸発させて作ったものか、海水を煮詰めて作るかということで塩を得ていました。ところが現在は「イオン交換膜を使用した電気製塩法」でつくった塩が売られています。
日本には大きな塩田は無く、しかも気候的な問題から自然乾燥のみで塩を作るには限界があるため工業的な製法に頼らざる得ないからなんですね。


この天然製法と電気製法との塩について比較してみると、前者は塩化ナトリウムが80%であるのに対して、後者は99.9%となっています。塩化ナトリウム99.9%の塩はそもそも自然界に存在しません。化学物質で作られたサプリメントも同じことが言えますが人工的に作られた塩は身体に負担をかけます
具体的にはナトリウムの純度が高いため、
むくみや高血圧の原因になります。


砂糖にもいえることですが、
黒糖、三盆糖などの昔ながらの砂糖は、いわば不純物が混じった砂糖です。実は、この不純物は体に必要なミネラルです。現在、スーパーなどで手軽に購入できる砂糖は、科学的に不純物を一切取り除いてできています。確かに甘み度は高くなったのですが、アトピーやニキビの原因になるなど、体には毒になってしまいました。
(関連記事:砂糖のとりすぎはニキビの原因にも


塩に戻ります。
海から採った自然塩はカリウムやマグネシウム、カルシウム、マンガン、亜鉛、ヨード、ニッケル、コバルトなど、カラダにとって必要なミネラルを100種類近く含んでいます。 この「不純物」が含まれている塩がおいしい塩。そしてカラダにやさしい塩なんですね。
ですから、塩分を取るときは自然塩を摂るのが望ましいですね。


    900円(税別)

そこでオススメしたいのが波動法製造の酵素塩。
良い塩は、化学調味料を使わなくても素材の持ち味を引き出し、
おいしさを引き立たせてくれます。
波動法製造のお塩はニガリを加えず煮詰めないで作る為、まろやかな塩味と旨みが、料理の専門家の方々からも高い評価をいただいております。

この酵素塩は、自然塩を真空タンクという特別な機械にかけ、塩本来がもっている良いミネラル分だけを残したお塩です。
このお塩は、普通のお塩よりも高いかも知れません。でも、私たちがきれいに健康に生きるためには、質の良い塩は欠かせないものです。


関連記事
砂糖のとりすぎはニキビの原因にも
糖分は疲労回復には逆効果になることも



 
 

カテゴリ:食と健康の記事一覧