コーヒーでむくむ!?カフェインの話
むくみでお悩みの方は多いです。



足のむくみは足に水がたまることで起こるということはご存知です。
そして、コーヒーやアルコールに利尿作用があるのも皆さんご存知です。
では、「その利尿作用で足のむくみをとることはできないの?」

ごもっともな疑問だと思います。でも実際はコーヒーをよく飲む方ほどむくんでいるという現実もあります。
利尿作用があるのに水がたまる???
一見、矛盾しているように思えますよね。




コーヒーなどに含まれるカフェインの利尿作用は一方通行なんですね。
どういうことかというと、身体に水が余っている状態では当然たくさん尿は出ます。
ですが、ちょうどいい水分量になっても尿はたくさんでますし、足りない状態になっても尿を出しちゃうのです。
丁度いい水分量で止まればいいのですが、コーヒーをついつい飲みすぎてしまうと簡単に脱水状態になってしまいます。つまり、コーヒーを飲んで水分補給したと思っていても、実は飲んだ量以上の水が排出されてしまい全然水分は補給されていないのですね。逆に脱水を起こしている可能性が高いわけです。
脱水状態になると、身体は体内の水分を逃さないようにするため、水分を細胞内にため込み「むくみ」を起こしてしまいます。
そのうえ、脱水を起こしていることで血液はドロドロ、代謝も落ちてむくみはなかなか解消できません。
結論として、利尿作用のあるものでむくみは解消するどころか、逆にむくみをひどくしてしまうことになるわけですね。

むくみに対して何が良いかというと、それは水です。
むくみにも断然水が効果的です。
さらに温めた水、つまりお白湯がベストです。

「お水をあまり飲まないように」
「水分をあまり摂らないように」
「夜寝る前にお水を控えてます」


ほとんどの方は「むくむ=水分の摂りすぎ」だというイメージを持っています。
ですが「水分を摂ることでむくむという訳ではありません」


実はその逆、水分を控えるのでは無く、むしろ、摂った方がむくまないのです。
摂った水分がそのままむくみになる訳ではなく、むしろ水分が足りないために老廃物が静脈やリンパに流れず、むくみにつながっているわけなんですね。
ただの水、それも(しつこいですが)お白湯を飲む事が、むくみ解消のポイントです!

お白湯の効果その2 むくみ解消


ところで、カフェインは利尿作用以外にも気になる作用があります。
それは「カリウムを阻害する作用」「鉄分を阻害する作用」「中毒作用」です。

・カリウムを阻害
むくみの敵は塩分であるナトリウムです。ナトリウムはカリウムによって排出されますが、利尿効果のあるカリウムがカフェインによって消耗してしまう事で、体内にナトリウムだけが蓄積されて、結果的にむくんでしまいます。

・鉄分を阻害
カフェインの過剰摂取によって、鉄分の吸収が阻害されるため赤血球の働きを悪くしてしまい、貧血を起こしやすくなります。血液の流れも悪くなります。血液の流れが悪くなる事で細胞から血管への水分の回収がされにくくなり、むくみます。 


・中毒
「世界で最も摂取されているドラッグ」と言われるほど中毒性が高い。
毎日摂取していて突然やめると禁断症状が起こることもあります。コーヒーをやめたところ、頭痛がするようになった。カフェインの摂取をやめてから24時間以内に、「精神的にモヤモヤする」「注意力が欠ける」といった初期段階の禁断症状が始まります。
上手く付き合えば生活にメリハリがつきますが、

中毒性があるため、なかなか適度でやめられない
  ↓
やめられないから1日に5杯、6杯と飲みすぎる、
  ↓
飲みすぎるからむくみがなかなかとれない・・・


という悪循環になりやすいので注意が必要ですよ。

水をしっかりとって(リンパや血液を動かすために)よく歩く。
足つぼで腎機能を回復させてあげればむくみは起きにくくはなりますが、健康の基本は普段の生活ですよ。





関連記事
リンパのおはなしその1 むくみの原因って?
お白湯の効果その2 むくみ解消
着圧ストッキング・着圧ソックスに要注意!



 
カテゴリ:健康メモ
  


不調スッキリ!足つぼ(足もみ)やってます