リンパのおはなしその1 むくみの原因って?

ホットペッパーなどを見ていると、リラクセーションのお店には、「リンパを流してスッキリ!」というようなキャッチコピーがいっぱいです。それだけむくみに悩んでいる方が多いということでもあり、リンパという言葉自体はよく知られていると思います。が、血管とは違い、身近なようでそうでもなかったり。でも、むくみを理解するためには知っておかないといけない器官です。

リンパの働きには大きくわけて2つ。体中の不要なものを回収していく運搬機能と免疫機能があります。免疫についてはまた別の機会にさせていただきまして、今回はむくみに関する運搬機能に絞ります。むくみが出たりリンパ浮腫(ふしゅ)や下肢静脈瘤になったりする原因は運搬機能の衰えです。
※むくみは炎症やアレルギー、薬の副作用、飲酒や塩分の過剰摂取でも起こりますが、今回はこれらのケースは割愛します。

 

 

まず、リンパというとリンパ液と、その通り道のリンパ管のことを指すのが一般的だと思います。
リンパ液とはリンパ管の中にある透明な弱アルカリ性の液体のこと。血液から染み出した水分が細胞で使われて、使用済みの水分が老廃物とともに再び血管に戻ります。ですが、血管に戻れきれなかった水分がリンパ管で回収されます。その水分のことをリンパ液といいます。リンパ液の流れる速さは1分間に30センチ。全身を1周するのに12時間かかります。動力源が筋肉なので運動量により個人差がありますが、全身を1分で1周する血液と比べると、かなりゆっくりです。そのかわり血管より大量の水分を運べます。両者のイメージはこんな感じです。

そして、リンパ管。リンパ管はリンパ液が通るパイプで、太くても2mm、細い毛細リンパ管になると20~75μmです。μmというのはマイクロメートルまたはミクロンと読み、1μmは1000分の1ミリ・・・小さすぎてよくわからない細さですね。
リンパという言葉は、ラテン語で「清水の流れ」という意味で、リンパ管はその通り道。江戸時代に登場した解体新書では、リンパ管のことを「水道」と訳されていたようです。リンパ液は各細胞が活動に使用した後の水分ですし、様々な老廃物が漂っているのでリンパ管は「下水道」の方がより近いイメージかなと思います。リンパが流れていないというのは下水が詰まっているということです。

下水道であるリンパ管で回収された水分は全身を巡って、最終的に右鎖骨下部の血管(静脈)で合流します。全身のリンパマッサージを行うとき、最初に鎖骨部分の通りをよくして、最終にも鎖骨に集めて押し込むようにするのはそのためなんですね。そして腎臓に持ち込まれて尿が作られ、膀胱で体外へ排泄される流れになります。
細胞→リンパ管→血管→腎臓→膀胱→排泄
この流れがスムーズだとむくむことはないはずなんです。

 

そしてようやく本題です。なぜむくがおきる?女性や高齢者がむくみやすいのはなぜ?
いろいろありますが、主な要因を挙げていきます。

・筋肉と運動量
ひとつは筋肉の量。静脈(心臓へ戻る血管)やリンパ管は動力源をもたず、筋肉の動きに依存しています。運動量が少なければ血液やリンパ液の流れも弱く、水分の回収量も悪いです。女性や高齢者は筋肉量も運動量も少ないのでむくみやすいというわけです。よく言われることですが、むくみ防止には筋肉をつけてよく運動してください

・女性ホルモン
次に女性特有の理由である「女性ホルモン」について。女性ホルモンには血管を広げる効果があります。細い川は流れが速く、大きな河は流れがゆっくりなのと同じで、血管が拡張すると、血液の流れが悪くなるので水分がたまりやすくなります。生理の前から生理中にかけて、むくみを感じやすいのはこのためなんですね。

・水分不足
水分が多いからむくむのであって、水分不足でむくむといわれてもピンとこないかもしれませんね。でも、血液もリンパも流れるためにはある程度サラサラしている必要があります。水分不足でドロドロしていると流れは悪くなります。また、脱水状態だと細胞が今ある水分を逃さないように確保しようとして、なかなか離してくれません。水分を摂らなさ過ぎるのもむくみの原因になるんです。

・たんぱく質
そして血液中に存在する「アルブミン」というたんぱく質も関係してきます。キーワードは膠質浸透圧(こうしつしんとうあつ)、また難しい専門用語の登場ですが、できるだけ簡単な言葉で説明できるよう頑張ります。

アルブミンは水分を吸収する力がきわめて強いです。その力を利用して使用済みの水分を血管やリンパ管へ取り込むのですが、男性に比べて女性がむくみやすいのは、血液中のたんぱく質の量が男性より少ないから。つまり体質的に下水へと流す力が弱いんです。

ちなみに、発展途上国で飢餓に苦しんでいる子どものお腹が膨れているのも、同じ理屈です。たんぱく質が不足しているので血管やリンパ管内に水を取り込む力が弱くなっているから。もともとお腹の中には腸がスムーズに動くために少量の水がの溜まっているんですが、溜まる一方で回収されなくなった結果、空腹なのにお腹が膨れるという状態になるわけです。
現代の日本において飢餓に陥ることは、まずないと思いますが、女性は多い偏った食事や急激なダイエット、高齢は食が細くなったりでタンパク質の摂取不足になりがちです。このような食生活を繰り返すことで腸内環境が悪化し、血中たんぱく質の量が少なくなるとむくみが酷くなります。
むくみを防ぐには良質なタンパク質をしっかり食べることも重要ということです。最近はテレビでも「高齢者は肉を食べなさい」と訴える番組が増えましたが、むくみ防止という観点からも積極的に食べていただきたいですね。

・血行不良
血行不良になると、それにつられてリンパの流れも悪くなります。リンパは血管が回収しきれない水分を引き受けるのですが、血行不良でリンパへ回される量が多くなれば、それだけ負担も大きくなり処理しきれなくなります。トラックでいうと「これ以上荷物を増やさないで」という過積載な状態といえるかも。荷物の積み過ぎで重くて前に進めません。
逆に血行をよくすると、リンパの負担も軽くなり流れもよくなります。血液は1度に運べる量は少ないですが、なにせ全身を1分で駆け巡るスピードですから、回数でカバーします。

いくらリンパが大量に運べるといっても、そもそものスピードは遅いですし過積載の状態ではさらにノロノロ、最悪立ち往生してしまいます。

自力で前に進めないのならば外からの力で動かしてあげれば、つまりマッサージをすればどうか?
リンパ液自体は流れやすいので、気になる部分を5分ほどさすってあげれば細くすることは可能です。(※リンパ管は潰れやすいので絞り上げるようにマッサージするのではなく、極々軽い力でちゃんとリンパ液を流すことはできます)
ですが、その先の血管の回収能力や腎臓や膀胱の処理能力が落ちたままだと、結局は再び細胞へ戻されて、むくみが再発します。

また、腎臓の働きを良くするためには腎臓自体に充分な血流が必要になるので、むくみを解消しようと思ったら、結局は血液循環をよくするというところへ行き着きます。 足つぼ(足もみ)も有効ですね!血行不良を起こしやすい足裏の老廃物を除去することで血液循環を回復してあげれば、リンパの流れもよくなるというわけです。実際足裏~ふくらはぎ、膝裏をよく揉むことで、むくみが解消した例はたくさんありますよ。

 

カテゴリ:足つぼ(東洋医学)の記事一覧


  


不調スッキリ!足つぼ(足もみ)やってます