SPF50 PA++++なのに簡単OFF! エイジングケアUV
日やけ止めなどの化粧品に表示されている「PA」 は従来までPA+++と「+」は3つまででした。それが2013年の1月から「PA++++」(フォープラス)まで表示できるようになりました。 これはUV-Aの有害性が周知されるようになり、UV-Aをよりしっかり防ぎたいというニーズが高まって、化粧品メーカー側もそれに応えようというわけですね。
(UV-Aについてはこちらで説明しています:肌のシワや老化に一番大きく影響する「紫外線」のはなし

もちろん「+」の数が増えるにつれ、UV-Aの防御効果が高まります。

PA+   UVA防御効果がある
PA++  UVA防御効果がかなりある
PA+++  UVA防御効果が非常にある

PA++++ UVA防御効果がきわめて高い


日焼け止め市場はこの10年で2倍に伸びています。最近になって特に紫外線の影響が注目されることになり、日焼け止め製品も2013年以降、毎年新製品ラッシュという感じになっています。これまでは日焼け止めを選ぶ基準としてSPF値が重視されてきました。ですが、ここ数年でUVAの存在が周知された結果、PA値も高いものが売れています。

ところが、多くの製品は低価格と防御効果を高めることを追求しただけで、肝心の肌へのダメージを軽視しているものも少なくないのが気になるところです。単純に紫外線吸収剤の配合を増やせば、簡単にSPF値とPA値の高い製品が作れるのですね。

紫外線吸収剤は紫外線防止力が高く、汗水にも強いので、真夏にとても頼りになる成分なのですが、防御率が高ければそれだけにお肌への負担も大きいんですね。落とすときにもクレンジングが必要だったりします。日焼け止めに限りませんが、クレンジングでしっかり落とそうとすると、どうしても目の周りをこすってしまいますよね。でも顔の皮膚や筋肉ってとってもデリケート。ちょっとした力でも健膜が簡単にブチブチ切れて目のたるみを促進してしまいます。かといって、しっかり落とさないとお肌に薬剤が残り大変です。
お肌を守る為に塗った日焼け止めのせいで、ボロボロ肌やたるみ肌になってしまっては本末転倒ですよね。


リスブランUVプロテクトジェル45g 3200円(税別)

2013年の1月にPA++++が解禁になってから遅れること3年。満を持して発売されたリスブランのUVプロテクトジェルは、SPF50 PA++++という国内最高水準の保護力なのにクレンジング不要なんです。
ウォーターベースでサラッと軽いタッチ!膚にのると密着ウォータープルーフに変化する、今までにない転相型ジェルクリームです。スッと伸びてピタっと密着するのに、落とすときは簡単にするんとOFF! さすが水やオイルにこだわりがあるメーカーです。



もちろん、高い保護力を追求しただけではありません。リスブランが出す製品なので、当然膚への影響をしっかり考えてあります。
光老化ケア成分や紫外線ダメージケア成分配合で肌の弾力、シワ、シミも同時にケアできるんですよ。守るだけでなく積極的にアンチエイジング。エイジングケアUVという新発想の日焼け止めです。 内容量も45gとたっぷり入っています。ぜひ紫外線ケアにご活用下さいませ!


関連記事
 肌のシワや老化に一番大きく影響する「紫外線」のはなし
 しわは冬作られる?
 目から日焼け?
 日焼け止めを塗るときの注意点


 
カテゴリ:紫外線の記事一覧