タッチパネルが反応しない、指のささくれが治らない
ストレートネックにスマホ老眼。いまや日本だけでなく世界中で普及したスマートホンの影響でスマホならではのカラダの不調を訴える人が急増しています。冬に特に顕著に現れるのが指のトラブル。

「ATMやスマホのタッチパネルを操作しても反応がない」
「人差し指など特定の指のささくれがなかなか治らない」

こんな症状に悩んでいる人は、もしかしたらスマホのし過ぎが原因かもしれませんよ。



タッチパネルは静電気に反応するタイプが主流で、静電気を帯びた物が画面に触れて伝わることで、センサーが判断する仕組みになっているらしいです。ただ、人間の皮膚自体は静電気を通しません。皮膚の中の水分がタッチパネルに電気を伝えます
指先がカサカサに乾燥していると、表面の水分がないので静電気がタッチパネルに伝わらず反応しないということです。
だから、そんなときは指に息を吹きかけると操作できるようになるわけですね。

ところで、そもそもの原因の指の乾燥は、加齢による血行不良が原因となる場合もありますが、最近は外的刺激によるものが急増して、これは昔は特殊な職業でしか見られなかったことなので、スマホの普及と関係しているらしいです。
1分間に指で画面を操作する回数は尋常ではなく、それだけ摩擦も起きているわけで、1回1回は些細な力でも、指先へ蓄積される負担は相当なもの。荒れるわけです。皮膚は荒れると保湿力を失い、一気に乾燥します。保湿されていない指ではタッチパネルも反応してくれません。



さらに、荒れて乾燥した皮膚はめくれていきます。これが「ささくれ」。地味に痛いですよね。めくって取りたくなりますが、無理に皮をとると出血します。面倒ですが、ハサミや爪切りなどを使ってカットするようにしてください。



こういったスマホによる指のトラブルは乾燥が原因なので、しっかり保湿できれば解決です。自力で保湿できなくなっているのでハンドクリームを使いましょう。乾燥しているところに「ハァ」と息を吹きかけたりと、外から水分を与えても保湿してくれませんからすぐに蒸発し、余計に乾燥が進みます。




ハンドクリームを使えば保湿はされても、スマホがべたついたりするのではないか?と思われる人も多いと思われますが、いいクリームがありますよ!



『リスブラン薬用ビューティシャンハンドクリーム』(3,000円 税別)
もともとは職業柄水仕事の多い人といった手肌を酷使し荒れやすい美容師さんの為に作られたクリームですので効果はバツグン。ハサミを握ってもすべりにくいように作られていますのでベタつき感を感じません。水分・脂分を補い、皮脂膜を形成、傷んだ肌を回復、保護します。プロの方が認めるくらい、とても高品質です。
これだけ高い効果をもちつつも、口に入れても大丈夫なくらい安心安全なクリームです。手はもちろん身体にかかる負担が極めて少ないんです。さすが高い安全性を第一に考えるリスブランといったところ。
適量を手に取って、指先から手首まですりこめば、ベタつかずしっとりとなじむはずです。スマホからくる指のトラブルも予防・解消し、タッチパネル操作も問題なくできますよ。

カテゴリ:お肌の記事一覧