手荒れにはリスブランのハンドクリーム
手洗いを徹底するとやっかいなのが、手荒れ。
そして手荒れの天敵は「毎日の食器洗い」。
毎日の水仕事で手が荒れて仕方がないという方も多いと思います。



手荒れの原因は、寒くて手の指の血流が悪くなるほか、空気の乾燥により皮膚の水分が奪われやすいこと。
そして、水を良く使う仕事や、布・紙をよく触るお仕事の人はさらに水分が失われやすいです。
水を使っているのに脱水するというのも不思議な話ですが・・・
特に、この時期は水が冷たいからとお湯を使うと、それはそれで皮膚の脂分が流れてしまい乾燥が進んでしまいます。

手荒れは医学的には「進行性指掌角皮症(ししょうかくひしょう)」と呼ばれる皮膚の病気とされているようです。


荒れた手のケアはクリームで対処するのが基本です。
そしてそのときの注意点は2つ。
・クリームは指先に
・ささくれができていれば根元から



ハンドクリームを塗る場合、掌や甲は念入りに塗ると思いますが、最も乾燥しやすく炎症を起しやすいのが「指先」と「爪周り」です。
この2点も忘れずに、マッサージするようにハンドクリームをしかり揉み込んでください。
血行をよくする効果も得られダメージを受けた皮膚の回復を促します。
特に最近はスマホで画面をタッチしたりスライドしたりするシーンが多く、摩擦により指先が乾燥しやすいので注意が必要です。

そしてもうひとつの注意点がささくれができてしまっていたら。
手荒れの原因にもなるのが指先の「ささくれ」ですね。
ささくれは指先のバリア機能が低下しているサインなのです。
爪切りなどで根元からきれいにとって、ハンドクリームをしっかり塗りこんでください。
めくった後から雑菌が入り込み炎症を起す可能性もありますので、歯で噛み切るなんてことはやめて下さいね。



手荒れにお悩みの方にオススメなのがリスブランのハンドクリーム。
元々職業柄、手肌を酷使し荒れやすい美容師さんの為に作られたクリームですので効果はバツグン。ハサミを握ってもすべりにくいように作られていますのでベタつき感を感じません。水分・脂分を補い、皮脂膜を形成、傷んだ肌を回復、保護します。



関連記事
タッチパネルが反応しない、指のささくれが治らない
手は顔よりも10年早く老ける!
乾燥する時期のハンドケア
手荒れにはリスブランのハンドクリーム
 
 

リスブランの記事
全記事一覧(270タイトル)



薬用オパール
リスブラン
一生青春
ノンEシリーズ


足つぼ(足もみ)
我慢できるからとついほったらかしにしてませんか?
・痛いけどカラダすっきり!
・足が冷たく硬いかた!
・お薬に悩まされたくない!
・血流がいいと太りにくい!
・内臓が元気だとお肌も元気!
・ソフトマッサージでは物足りない方

詳細
よくあるご質問
 

ミフネ化粧品店
兵庫県姫路市駅前町322
AM10:30~PM6:20
日曜はお休みの場合があります。 



詳しい地図を表示
(Google Map)


ミフネ化粧品店ブログ目次