肝腎かなめの腎臓のケア
9月16日のWBS(ワールドビジネスサテライト)で機能性野菜という
特殊な野菜が紹介されていました。



最近の野菜は日の光がたっぷり降り注ぐ土ではなく、地下の化学実験室のようなところで作られるんですね。お店の中で「栽培」して、お客の注文を受けてから「収穫」するレストランもテレビでちらほら紹介されていますよね。



で、そこで何が作られているのかというと「低カリウムレタス」
腎臓機能が衰えている方は、生野菜に多く含まれているカリウムが排出できない症状を抱えているので、生野菜が制限されています。その方たち向けにカリウムを抑えた機能性野菜のひとつの「低カリウムレタス」を作っているのだそう。



透析が必要なくらいの腎臓疾患者の数は年々増加しています。番組では30万人を超えているとのことでした。なので、こういった機能性野菜は多少高価でも需要があるので今後も伸びていくらしいです。考えてみたらこわいですよね。

数年前の「ためしてガッテン」では、1人当たりの医療費は年間500万円以上。透析の予備軍ともいえる慢性腎臓病の患者数は推定で1330万人と紹介されていました。もう「国民病」といってもいい状況だと思います。




肝腎要(かんじんかなめ。西洋医学の影響と「腎」は義務教育でならう常用漢字ではないので通常は「肝心要」の方をつかいますが)、腎臓は人の健康にとって最も重要な部位あらゆるカラダの不調はここから始まるといってもいいくらい重要な臓器です。


腎臓のくわしい働きは実は一番重要な臓器、肝腎かなめの腎臓 を参照していただくとして、簡単に説明すると血液の汚れを浄化し、体内の水分をコントロールしていることころ。心臓から送り込まれてきた大量の血液をろ過して、毒素や老廃物を尿として体の外に排泄する大切な働きをしています。その腎臓の働きが弱ると、汚れたままの血液と水分が体中を駆け巡ることに。各臓器は下水を飲み続けているような状態で、当然弱ります。

健康診断でも腎臓機能の低下はなかなか数値には現れません。クレアチニンの数値で推測することになるのですが、
・フケが多くなる
・耳鳴りがする
・手先・手足が冷たくなる
・疲れやすい
・関節が痛む
・トイレの回数が多くなるが、一回の量は少なくなる
・夜、トイレのために目が覚めてしまう
・血行不良・低体温
・足が臭くなる
・水虫ができやすくなる
・顔色が悪くなる
・シミ・ソバカスができる


などの症状が現ると腎臓機能の低下の可能性があります。



腎臓を弱らせないためには全身の血液循環を良好に保ち、身体を冷やさないことが大切。かつ、常に新鮮な水分を補ってあげることです。腎臓は身体は冷えて血のめぐりが悪くなるとてきめんに弱ります。


あと自己チェックとして足の裏に注目。自覚症状がなくてもカラダの症状は足の裏に現れます。足裏に溜まった老廃物が、板のように固くなっていると腎機能が弱っていると思っていいと思います。 老廃物は本来腎臓で浄化され体外へ排出されるべきもの。腎機能が落ちているためそれが体内に留まって、さらに重力の影響で足裏にたまります。固くなっているのは溜まった老廃物が石灰化してしまったのですね。この老廃物を崩すには相当な覚悟が必要になると思います。足裏が固いということは、腎臓だけでなく身体そのものに相当負担がかかっているはずです。

腎機能がさらに悪化し、症状が進行してしまった方の足裏は、逆にとても柔らかいです。柔らかいと言うよりブヨブヨしていることが多い印象です。腎臓で老廃物が処理しきれないので独特の臭いもあります。




上の写真はクレアチニン4とか5の、透析寸前だった方の足裏です。写真では分かりにくいですが、色はくすんだ色で、ほぼ紫色に見え、全体的にカサついています。爪は分厚く白っぽいですし、硬さはありますが簡単に剥がれそうです。 土踏まずもはっきりせず、腎臓の反射区を触ると硬さがほとんどありませんでした。まるでジェルというか水袋を触っている感じでグニョグニョ・ブヨブヨしています。 棒で揉むと皮が破れて中の水分が染み出してきそうな(そんなことはないのですが)足裏でした。

ちなみにですが、こういう方が足つぼを受けると内出血することが多いです。血管(静脈)がボロボロなので簡単に血管が壊れてしまうのですね。壊れてしまった血管は新しい丈夫な血管に作り治されるので問題は無いですし、しっかりとした血管を作ることは健康回復には必要な過程なのですが、逆に身体を悪くしているのではないかと不安に感じることと思います。
この方は膝がパンパンに腫れ上がってしまいました。その後、徐々にですが数値が下がっていき透析をしなくてもいいところまで回復しましたが、最初はいろいろな反応がでてしまうものです。


腎臓が弱ると正常なカラダを維持するのはきわめて困難になります。ここがダメになると、どんなにいいといわれる健康法もむしろ逆効果になりかねない。健康な食生活に欠かせない野菜ですら毒になります。機能性野菜に頼ることなく、いつまでも「普通の」生野菜を食べ続けていきたいですよね。

関連記事
実は一番重要な臓器、肝腎かなめの腎臓
肝臓の疲れにご注意を!
副腎、自分でステロイドを出すところ
脾臓、地味だけど大切な臓器
すい臓、最強の消化器官

 
 
カテゴリ

足つぼ(東洋医学)
  


不調すっきり!足つぼ(足もみ)やってます