サングラスのススメ、目にも紫外線対策を!
連日35℃オーバーが続き夏本番という感じです。こう暑いと日差しが肌に突き刺さるようで、お肌へのダメージも気になりますよね。
昔は日焼けは健康の象徴だったりしたわけですし、適度に紫外線にあたると免疫機能も鍛えられたりするのですが、最近の紫外線は限度を超えていると思います。外出時に日焼け止めはもちろん、帽子に日傘を着用と、しっかり紫外線対策されている方は多いです。紫外線は肌の色を黒くするだけでなく、細胞を破壊して20年後30年後のシミやシワ、イボ、皮膚がんの原因になったりするのですね。だから対策は大切です。




ただ、紫外線に直接さらされるにも関わらず、意外と無防備なのが目ではないでしょうか。目から入った紫外線の刺激からも、日焼けの原因であるメラニン色素が作られてしまうのですよ。


目に紫外線が当たると目の細胞に炎症が起きる
 ↓
脳がその炎症に反応、メラニン色素の生成する命令を全身に送る
 ↓
肌に紫外線が当たっていなくても肌が黒く日焼けする

という仕組み。なので、せっかく日焼け対策を効果的にするため、あわせてサングラスも毎日の習慣にしていただければと思います。
そして、美容面だけでなく健康面からもサングラスの着用をオススメします。

まず疲労。目から入ってくる紫外線で発生する活性酸素が疲れの原因なんですね。
マラソン中継を観ていると、サングラスをした選手を何人も見かけると思いますが、眩しいからだけではなく、長く目が紫外線を浴びていると全身の疲れが増強されてしまうので、サングラスをかけているのですね。サングラスをつけるのとつけないのとでは全然違いますよ。

そして目の病気予防の意味からも。たとえば白内障。白内障にはさまざまなタイプがありますが、日本人にもっとも多くみられるのが皮質白内障というタイプで、紫外線との関係が知られています。
白内障は、眼球の水晶体が濁って光を通しにくくなることで、視力が低下する病気。紫外線は、水晶体のたんぱく質を変化させ、濁らせてしまうと考えられているのですね。白内障を患った方は眼科医からサングラスの着用を指導されますが、なってから慌てるよりも予防的な意味も含めて、悪くなる前から着用すべきだと思います。


そのサングラスですが、なんでもいいのかといえばそうでもなかったりします。実はサングラス規格は各国でバラバラで統一されていません。日本の規格は海外に比べるとゆるいようです。そのため、UVカットやUVケアなど独特の表現も出回っているのが現状。「紫外線99%カット」と謳っているものでもB波は確かにカットするけど、遺伝子レベルで破壊するA波はまったくカットできていなかったり、そもそもカット率の計測そのものも怪しかったり。雑貨屋さん等で3000円以下で購入できるものはだいたいそんな感じです。
色がついているので瞳孔が開いているところに大量の紫外線を目に入れてしまい、かえって深刻な症状を引き起こす可能性もあったりします。
確実なのが「UV400」と表示されているサングラス。世界で一番紫外線に対して厳しいオーストラリアの規格です。


オゾンホールができてしまったり、そもそも体質的に紫外線に対して強くない欧米人にとっては紫外線対策は死活問題だったりするのですが、周りの目を気にする日本人には「サングラスは恥ずかしい」という意識があり、なかなかサングラスが定着しませんね。目の健康のためにはサングラスは必須アイテムだと思いますよ。





日経MJ(日経流通新聞)7月15日付けの記事にありましたが、最近はまったく色のついていない普通のメガネとかわらないサングラスも登場したみたいで、伊達メガネ感覚で着用できるモノも登場したみたいです。お仕事されていて、「色つきのサングラスはちょっと・・・」という方は、こういうのもいいかもしれませんね。

関連記事
 肌のシワや老化に一番大きく影響する「紫外線」のはなし
 目から日焼け?
 SPF50 PA++++なのに簡単OFF!エイジングケアUV
 日焼け止めを塗るときの注意点

 
 
カテゴリ:紫外線の記事一覧